fc2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia azurea”アズレア”の超優良株
azurea_20210715184204cf7.jpg
純粋種と思われるOpuntia azurea”アズレア”の超優良株を自宅へ持ち帰り栽培しています。ウチワサボテンの鉢植えの場合、牛糞など大量に投入して養分を潤沢にしないと大きくはなりません。また1年で根が回りすぎて植え替えも必要です。思い切って最大級の鉢と牛糞詰めにしましたら、新芽がガンガン吹き出し強力に生長を始めました。

長刺金鯱
kin_20210715044127180.jpg
長刺金鯱は信州のt木さんから譲り受けたもので、恥ずかしながら10年近く放置してしまいました。根は鉢に一杯回り、下部は縮んでいましたが、それでも生長を続ける強健種です。画像からは伝わってきませんが日の当たる方が生長していびつです。金鯱は高校のころから常にありましたが、常にぞんざいな扱いで反省しきりです。

k-8 k崎さんの王金鯱植え替え
oukin_20210714062555895.jpg
k-8 k崎さんの王金鯱植え替えで名札を見て納得です。短刺金鯱となっていてどうやら王金鯱は認めていなかった?かも知れません。下の方のk崎さんのトゲは王金鯱もたまげるほどすごいです。さて植え替えですが、流石にこの鉢サイズでは土が入りませんのでサイズアップします。

k-140 k崎神仙玉
sinsen_20210712050408a7b.jpg
真ん丸で鬼トゲで見事なk-140のk崎神仙玉でしたが、ご多分に漏れずトゲは弱まっています。それでもこじれず生長を続けてくれているコトはありがたいですね。何本かはこじて落ちてしまいましたから...

西沢王金鯱
oukin_2021071003074572b.jpg
すっかり忘れてましたが、西沢さんからも王金鯱を譲ってもらっていました。金鯱は面倒見なくても勝手に成長するため鬼棟の奥に入っていました。放置したため10年経ってもたいして大きくなっていません。しかし堅作りでトゲは見事、これで良かったのかも知れません。

k崎さんのフェロカクタス鯱頭「k-69」の2021
syachix_202107090452065f1.jpg
何年かはトゲが弱くなっていましたが、最近は強刺に戻っています。サイズも26cmと最大級の鯱頭です。栽培のコツは超水はけの良い土で、蒸し風呂栽培ですから年中水をかけます。ですから水はけが悪いとやられます。土に法則などなく、その環境に合った土を編出すしかありません。k崎さんは畑の土も入れていたようです。

黄彩玉×紅葉丸
kisai.jpg
黄彩玉×紅葉丸は知りませんでしたが、ともかくデカいフェロカクタスが欲しくて西沢さんから譲ってもらいました。当時のデータを見ますと実生w26.5cmとあり、10年が過ぎたら何と30cmを超えています。手入れもせず植えっぱなしでこれだけ生長しましたから、大した強健品種です。いたく反省して植え替えの準備をしていますが、やっと持てる重さです。お隣は前々回のカリキン(刈穂x金鯱)です。

フェロカクタス植え替え
fero1.jpg
fero2_202107040853317ba.jpg
思い立ってフェロカクタス全部の植え替えを始めましたが、大株ばかりで直ぐにくじけてしまい、戸外へ置きっぱなしです。そこへ大雨が続いたものですから水耕栽培のようになっています。1週間程度の長雨では全く問題ないと決めて、晴れを待っています。

金鯱x刈穂の交配品種2021
karikin_20210706055350f4e.jpg
6年前に7cmのサイズで入手しました金鯱x刈穂交配品種が16cmと、びっくりするくらいに成長しました。金鯱の強さに刈穂の赤色でやや狂刺が掛かった長い赤刺が合体して、美しい品種です。画像のトゲはやたら赤く見えますが、水をかけた結果でこのようになります。

k崎さんの王金鯱
kinx.jpg
「どうもただの金鯱ではないな?」と思いながら栽培していました。サボテン工房へ来てからトゲは若干弱くなるものの扁平極まりなくて素晴らしい金鯱です。
oukin2.jpg
k崎さんのホームページ「カクタストゲざんまい」さんはとうに消滅していますが、printfの画像データが大量に残されています。久し振りに開いて見ましたら、やはり王金鯱の実生でした。大きさも27cmとなって金鯱群は成長が著しく早いですね。

紐サボテン マクドナルディアエ開花!
macd.jpg
マクドナルディアエはm橋さんの所から分けてもらった紐サボテンで、夜の女王の原種とされているものです。夕方から徐々に開き始め夜半に開花、朝にはしぼんでしまう、なんとも人目に触れない巨大花群です。芳香は僅かにありですが、これを頼りに蛾などが飛んでくるのでしょうね。

k-92 k崎さんの旋風玉1
senpux.jpg
k-92はk崎さんの変った旋風玉ですが4年ほど前にこじてしまい、生長は止まっていました。そこで植え替えをして鉢の横に日差しが良く当たる場所に置きました。本業多忙で放置してしまい、しかし3年目から新トゲを噴出し始め、今年はしっかり復活しています。やたら綺麗なトゲに見えますが、雨に打たれたせいです。

Opuntia helleri (ガラパゴスウチワサボテン・ヘレリ)の接木2021
here.jpg
Opuntia helleri (ガラパゴスウチワサボテン・ヘレリ)の接木に待望の新芽が吹きました。こっちは雌伏3年目の発芽ですが理由は明快で、古いヘレリをこれまた古いヨコノステレへ接いだものですから、活着が悪くてしくじりでした。それでもじっと我慢していました結果です。今年は新しいもの同士の接木を予定しています。

夜の女王開花
himo_20210701044505487.jpg
今年の夜の女王はひと際大きな開花となりました。またつぼみも沢山つけており花サボテンならば真骨頂です。コロナ禍で観葉植物ブームとやらですが、こうゆう凄い花をprしてもらいたいものです。

伊藤ロビビア 桃耀竜の子吹き
robi_20210629040027e40.jpg
故k崎さんの温室ではフツーのサボテンも鬼トゲで、これがヒントになりました。鬼棟フェロカクタスの合間をぬって伊藤ロビビアを配してます。その結果が桃耀竜の子吹きで、トゲの凄さと色に呆れるほどです。栽培法は自由ですね。

しくじり鬼神仙玉
sin1_20210629042846f94.jpg
sin2_20210629042843ff9.jpg
k崎さんはよく「トゲの根元でxxmm、長さでxxmm、最強の神仙玉です」と表現されていました。こちらは失敗談ですが、5年も放置しておいたら断末魔の鬼トゲが噴出して、成長は止まっていました。下の鬼トゲはk崎さんのトゲ、その上のヒョロヒョロトゲがサボテン工房のトゲ、最上部の断末魔鬼トゲはなんと固まった状態の根元で10mm幅、長さは80mmとk崎さんを凌駕しました。慌てて植え替えですが、清水の地でも標高800mより凄いトゲの出ることの証明でした。

赤刺金冠竜
kin_20210628052914117.jpg
夏至を過ぎたら午前4時はまだ薄暗く、灯りを点けての作業になります。鬼棟のフェロカクタスを全部降ろして植え替えですが、一喜一憂で、凄いトゲが出たり、こじれてしまったりです。k崎さん自慢の赤刺金冠竜は上手いこと生長しています。k崎さんのコメント「現地球よりトゲが凄くて、トゲに隠れて本体が見えません」でした。

k崎さんの鯱頭
syachi_20210627030909ac7.jpg
竜女冠の花に押されて、多忙で放置していた鬼棟の掃除を始めてたまげています。画像はほんの一部ですが、k崎さんの巨大な鯱頭(トゲを除いて20cm以上)がゴロゴロ出てきました。高温多湿の清水の地でも安定して育つのが鯱頭で、きちんとメンテナンスしていれば大丈夫です。それを放置しておいたものですから生長の止まった株もあり、慌てて植え替えの準備をしています。

k-113 k崎さんの竜女冠開花了
ryjo4.jpg
これがk-113 k崎さんの竜女冠の花です。フェロカクタスで神仙類以外は殆ど黄色花で、ウチワにも似ています。かなり大きい花ですが、トゲに阻まれてまともには開きません。何れにせよ花が見られたことに感謝です。

k-113 k崎さんの竜女冠開花2
ryjo3.jpg
綿毛で開花か?としていましたが間違いなく開花です。花の色はどうやら黄色のようです。


カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ