FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの純粋種
gara_2018081019132748c.jpg
交雑の進んだサボテンにウチワサボテン亜科があり、純粋種を見つけることは困難であります。アズレアなど日本で流通している多くはマクロケントラの交雑?のようで、アズレアとは呼べませんが来歴がそうであれば否定もできません。植物ハンターのレゲエさんとジャパンレプタイルズショー2018_Summerにお会いして、純粋種について議論しました。サイテスで持ち出し禁止とした所で既に交雑が進んだ北米のウチワサボテンは余り意味がない気がします。唯一はガラパゴス諸島でここは隔絶されていますから、純粋種と呼んで良いと思います。もっともパナマ海流でメキシコあたりから流れ着いたウチワサボテンの進化したものがガラパゴスウチワサボテンで、メキシコは既に交雑が進み原点は失せていると考えられます。

ジャパンレプタイルズショー2018_Summerに参加!
bob.jpg
8月4日と5日はジャパンレプタイルズショー2018_Summerへ、ガラパゴスウチワサボテンを持ち参加してきました。ガラパゴスウチワサボテンの向こうがボール・パイソンの世界的権威者のボブ・クラークさんで、オクラホマの自宅では多くのサボテンも栽培されてます。元気なのはマクロケントラ(ボブさんはマクロセントラと発音)で、バシラリスは枯れたのでカットしてウチワを保存、綺麗な赤花はアシュキュレータとスマホの画像を見せて頂いた。アメリカも広大でオクラホマではサボテンの品種によっては難しいようです。ただアリゾナなどの現地まで採取に出掛けられるとは、誠に羨ましい限りです。

Opuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの復活プログラム5
gara1_20180802074754983.jpg
1年前に植物ハンターのレゲエさんから預かったOpuntia echios var gigantea の復活プログラムで、sawayaが実生接ぎしたものが見事に育ちました。黄色丸印のように完全活着です。そこでsawayaが上部を切断してキリンウチワに2回目の接木を実施しました。
gara2_20180802075037863.jpg
Opuntia echios var gigantea の上部とキリンウチワではアンバランスですが黄色丸印のように活着し、頭部の成長点から新トゲも出始め成功のようです。次くらいにはサボテン工房でもウチワ接ぎを予定しています。貴重な完全オリジナルがなんとか増殖に成功しつつあります。

ウチワサボテン ヨコノステレ”joconostle”接木の台木でベスト
joco2.jpg
ウチワサボテンの接木の台木に使用したものは、紅花ウチワ、大丸盆、大型宝剣、それにヨコノステレとなります。サバ属(サボテン工房で勝手に分類)の大丸盆、大型宝剣は若干腐りに弱い所があります。紅花ウチワは滅法強くベストに押したい所ですが、厚みが余りなく使いづらい面もあります。タイ属(サボテン工房で勝手に分類)のヨコノステレは強さ、サイズ、厚みと共にno1です。
jyo1.jpg
ガラパゲイアが思ったほど増産に成功していませんのでヨコノステレに接木をしています。
ハンドメイド専門店さわ屋
ヨコノステレのカット苗は↑こちらで出荷中です。

Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤トゲ赤芽特選カット苗
macro_20180702141254ac7.jpg
Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の種子トータル2,000個くらい播種した中の選抜株で、春先から初夏に掛けて濃紅からブルーグレーに変化するさまは美種の一言です。たった1本出現しただけですが、これだから実生はやめられません。ようやくカット苗の出荷が可能になりました。
ハンドメイド専門店さわ屋
Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤トゲ赤芽特選カット苗は↑こちらで近々出荷予定です。

Opuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの復活プログラム4
gara1_2018062915224294e.jpg
1年前に植物ハンターのレゲエさんから預かったOpuntia echios var gigantea ですが「2014年3月16日播種」とありますから、足掛け4年ほど要してこのサイズでは確実にコジています。
gara2_20180629152819a23.jpg
今年も生長点に動きがないため、思い切ってsawayaへキリンウチワ台木の実生接ぎを依頼しました。失敗すれば消滅の危機が見事に活着したようで、ホッとしています。まだまだ気が許せません。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の果実
belen1_20180615172420442.jpg
こちらは2013年の9月にベレンの自生地(清水某所)で採取した果実です。これの完熟果実は驚くほど甘くて、それで大丸盆をやる気になりました。
belen2_201806151725327f9.jpg
ついにサボテン工房でも結実して見事な果実が出来ました。自生地と違い鉢植えでウチワサイズも小さく果実も小さい?と思っていましたら、自生地の果実より大きく追肥の効果が出ています。完熟は9月以降ですが、その頃味についてレポートします。

フェロカクタス神仙玉大物の植え替え
sin_201806110635149bd.jpg
直径で30cm高さ35cmのフェロカクタス神仙玉大物の植え替えは難航を極めました。大きな鉢を使えばなんでもないのでしょうが、神仙玉の直径より小さい鉢で土の入れようがありません。神仙を傾けながら隙間を開けそこから土を投入します。すると傾いて鉢がこけてしまい大惨事です。そこで両足で鉢を挟み倒れ防止をしながら土を投入しましたらうまくいきました。ヤレヤレです。

エリオシケ属”極光丸”植え替え2018
kyoku_2018060807492144b.jpg
k崎さんの所でもトゲの立派な南米産エリオシケ属の極光丸がありました。フェロカクタスではないのですがどうもトゲ族に気に入られているようです。西沢サボテンさんから7年ほど前にサイズ18cmで譲り受けたものが30cmにまで巨大化して、植え替えに「重い!」となりたまげています。とにかく育て易く美しい南米サボテンでお勧めです。

フェロカクタス赤鳳の親株
fero_2018060315134313b.jpg
フェロカクタスの赤鳳は難しいフェロカクタスの中にあって比較的容易に栽培できます。ただしサビ上がりが起き易いのでどんどん生長させ、サビより早く上に伸ばすように心がけています。サボテン工房の赤鳳は大株ばかりですが、その中で一番背の高いのが画像の親株で、何と高さは45cmもあります。人気はイマイチですが赤トゲが美しく素晴らしいフェロカクタスと思っています。

Opuntia bergeriana ”紅花団扇”花ウチワ交配の原点
ber.jpg
昭和30年代も後半、伊藤先生の作られた伊藤ロビビアの花の美しさには大いなる憧れがありました。あれから50年が過ぎた現在はウチワサボテンが専門ですが、原点回帰でウチワサボテンで花の美しい花ウチワサボテンを作出しようと始めました。ロビビア交配の原点に白檀の赤があると聞いていますが、花ウチワサボテン交配の原点にOpuntia bergeriana ”紅花団扇、ベルゲリアナ”の赤としました。早速sawayで紅花団扇xヒメマクロケントラなど何種類かの交配を実施しました。

フェロカクタスの栽培法
kin1_20180602102613fc4.jpg
ネットなどの情報に惑わされること無く、それぞれの環境に適した栽培法をあみ出せばフェロカクタスは元気に育ちます。フェロカクタスを本格的に始めた頃湿気は出来るだけ抑えて乾燥した状態で育てよう、がネットでは支配的な意見でした。k崎さんの所から標本株級を分けてもらう時質問しましたら、「湿気は必要、トゲの汚れより先ず生育を」と指南されました。
kin2_201806021030113d7.jpg
お陰さまで名人k崎さんに恥ずかしくない強刺が清水の環境の悪い中でも出せるようになりました。清水(市)での栽培のポイントは高温多湿にして病害虫を寄せつけず、日照時間は短いので強い光線をあて、鉢は極限まで小さくして土の量を減らし中鉢を入れて水はけを良くし、鉢の温度は直ぐに上がるようにします。但し土の量が少ないため通常の3年植え替えではなく、2年植え替えが基本になります。また多湿にしても50度近い温度ではトゲの汚れは殆どありません。画像の黄刺金冠竜は狂刺&強刺で元気です。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の完全開花!
belen1_20180531072333161.jpg
事件もありましたが大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の完全開花です。まあ鉢植えですからウチワのサイズも30cm止まりで、蕾も花もやや小ぶりです。節を勘定しますと5節ですから、カット苗を植えてから5~6年で開花のようです。
belen2_201805310725574ed.jpg
黄色はメタリックで美しく、やや小ぶりでも9cmの花サイズがありましたから大きく育てば10cm以上の花サイズになると予想します。いずれにしても花サボテンの資格は十分あります。

m氏作出ステノプテラス(Hylocereus stenopterus)交配種
st1.jpg
千葉のm橋さんの所で紐サボテンでたまげるような赤い花の”商品番号 :D-008 「ステノプテラス」花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色” を見つけて、分けてくださいと連絡しました。
残念ながら在庫はありません、但し”商品番号 : D-009 「ステノプテラス交配種」花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色”なら在庫はあります、と返事があり分けて頂きました。
stenopterusxx.jpg
こちらがステノプテラス原種(Hylocereus stenopterus)の花画像で、凄い花であることが分かります。これらと似た花ならクジャクサボテンもありますが、柱=紐サボテンに拘りますから、紐族としましたら3角柱が蒐集の限界と思っています。
stenopterus_20180529200527716.jpg
2013年7月に入手して実生棟の奥へ露地植えしました。2年ほどでのた打ち回る位大きくなり、しかし連年の放置が祟って冬季に枯れてしまいました。生き残った?根っ子と断片をsawayaへ渡し、ウチワサボテンの多忙さでその存在をすっかり忘れていました。m橋さんが亡くなられたコトで遺志を継ごうと整理してましたら、sawayaが「これあります」と差し出したのがステノプテラス交配種で、奇跡的に苗にまで生長していました。たった3cmの断片だったものがです。何とか短時間に生長させ開花まで持っていきたいと、今度は手入れを怠りません。

Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱 了
az1_201805271835120d7.jpg
Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱は同時開花が1枚のウチワに最大で8個咲きました。
az2_201805271837141d3.jpg
ウチワ3枚の同時開花の合計は24個で、ウチワサボテンを花サボテンとすればロビビア等の花サボテンより遥かに多く驚かされます。来年は新芽の年で今年ほど開花は期待できません。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の悲劇と復活
1_20180525211922a11.jpg
最近は出社が遅くなり早朝6時頃、遅刻だ~とお店に出るとなにやら異変が...道路端に置いたOpuntia robusta f.”Belen”ロブスタベレンの蕾がもぎ取られ道路に転がっていました。雌伏6年目でようやく開花を向えた貴重な蕾なのに。憤りを通り越し悲しくなり、転がって傷だらけの蕾を何と接着剤のボンドで貼り付ける奇想天外に出ました。
2_20180525212111a77.jpg
ボンドが乾いて接着が完了する前に落ちてしまうため、サボテンの長いトゲで串刺しにして仮止めします。言ってみれば卑劣なコトをやった不肖人に対する警告なのであります。
31.jpg
何日かが過ぎて異変が?蕾の花弁部分が動き始めているではありませんか!
41.jpg
更に日が過ぎて遂に開花しました!
接木ならば可能性はありでしょうが、接着はボンドの媒体で固定されているため本体と何らエネルギー交換は行われていません。元々蕾には開花するまでのエネルギーが保存されていたとしましょう。
51.jpg
キズだらけの蕾本体から正常花よりは小ぶりですが見事に花が咲き、交配までやって種を採ります。常々思いますが、サボテンの寿命を人間が勝手に決めてはいけないのです。いつ何時、どのような奇想天外が起きるか分からないのが人類を含めた生物の奇跡と思います。

Opuntia basilaris”バシラリス Wickenburg”開花!
basi_20180518222900007.jpg
はなかっぱのようにパカ~んと開き切って咲いたバシラリスは初めてで驚きました。2014年にバシラリスの種子をはじめて輸入して播種しましたが、1本も発芽しませんでした。2015年は敵討ちのように1,000個の種子(種の採取地アリゾナのウイッケンバーグ)を手配しましたら、こっちは雨後の竹の子のように発芽してエライことになりました。半数以上はカイガラムシにやられてダメになりましたが、残った実生苗はまだ小さく開花には至りません。今回開花したバシラリスは接木株で、ウチワサイズは縦長の35cmと巨大になり3年で開花しましたから、花を見るための促成栽培に接木は大いに有効です。
basi2_20180519044657315.jpg
画像のバシラリスが near Wickenburg, Arizonaの現地で撮影されていますから一番近い品種と思われます。
basi3_20180519045439007.jpg
バシラリスの自生地はカリフォルニアにユタにアリゾナにネバダ、カリフォルニアとユタ州は仕事で何度も行ってましたが、当時はバシラリスに興味がなく探索は英冠だけで今となれば残念でした。

紐サボテンmituhashiさんの遺志を継ぐ
ng.jpg
マクドナルディアエ、チバジェニー、バルバデンシスにステノプラテスなどmituhashiさんの所から紐サボテン属の多くを分けてもらい、長く伸びるからと軒先に吊るして栽培していました。所が今回の冬で一番気温が下がったときに凍傷で多くがやられてしまいました。
21531xx_2018052100184022b.jpg
一番被害の大きかったのが昨年咲いたチバジェニーで、地中に埋もれた部分以外はダメになりました。
mitu.jpg
だいぶ音沙汰が無くネットでmituhashiさんの状況を調べたら、どうやらお亡くなりになられたようでした。そこでmituhashiさんの遺志を継ごうと決めて、分けてもらった紐サボテン属の復活です。大量の実生はもうやらないので実生棟転じて紐サボテン属棟にしました。特に重要な紐サボテン属はチバジェニーとステノプラテスで、再生プログラム起動中です。

k崎さんのフェロカクタス鯱頭「k-69」の現在
kaki_20180516153230cf9.jpg
7年前の入手時データ、画像撮影とコピー文はk崎さん
扁平の美球、ライバルは原産地球!
刺幅 4mm
刺長 80~90mm
径 21cm
高さ 15cm
品種 実生正木
syachi_201805161533065b5.jpg
2018年5月、k崎さんの鯱頭「k-69」はトゲを除く径が25cmの最大級となり、今年も開花して順調に育ってサボテン工房鯱頭の親分です。トゲは若干細くなってしまいトゲ名人には適いません。

クリスタルシリーズ(ファッショナブルサボテン)の教訓
cy1.jpg
サボテンを上薬のかかった美しい鉢や分厚いセメントで出来た格好良い鉢に植え込み、光を操り美しく撮影したファッションナブルなサボテンのカタログを参考にして、クリスタルシリーズを作ってみました。
cy2.jpg
ところが美しい鉢や格好良い鉢は呼吸も出来ず水はけも悪く、何よりも鉢の温度が上がらず栽培的に見たら最悪でした。やはりサボテン工房は栽培を優先に考えるべきで、ファッショナブルサボテンは似合いませんでした。そこで反省を含めて方針変更です。栄養分の少ない土にしてあえて成長を鈍化させ、年数を掛けて盆栽風に仕立て現地株のミニチア版にする予定です。