プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
脅威のアカシアマンギューム(Acacia mangium)
man0.jpg
man1.jpg
2012年11月15日、
次男坊の生きものや菊屋がディクソニアアンタルクティカを6本、お店のシンボルツリーで植えていった。黄色丸印の部分に得体の知れない草的な植物が張り付いており、これが後にとんでもないコトになるとは...
man3.jpg
2013年4月26日、
得体の知れない植物はムクムクと大きくなり、その姿に仰天!
ねむの木の複葉にユーカリの単葉が合体したキメラ如きにたまげたが、やがて得体は”アカシアマンギューム”とゆうアカシア族であることがバレた、この時のサイズは50cmなり。
man5.jpg
man6.jpg
2015年5月3日、
あまりの高さで温室が日陰になり始め、さすがにフェロカクタスの為に上部を切り落とそうと思った。思ったが形態がダサくなりそうで思案、そうだサグラダファミリアだ!あの塔に見立てて下側の枝を切り払いボコボコと上に伸ばそう。現在約8mあり今年中には10mにならんとしている。これはとんでもないコトで、2013年に50cmだった苗が2015年には8mになり、その成長速度が脅威のアカシアマンギュームなのだ。
アカシアマンギューム覚え:Acacia mangium 科目マメ科(ネムノキ科)アカシア属 産地ニュージーランド、オーストラリア 樹高30m 直径45cm
ディクソニアアンタルクティカのSOS!
dic.jpg
ジュラ紀のシダ類を思わせるディクソニアアンタルクティカの栽培法は寒さに強く比較的容易、となっているがどっこいこれが難しい。新規に植え込んだ3年半前の画像だが、現在は2本が殆ど葉っぱを出していない。1日何度も水遣りをしているが、これは現地が相当に雨が多いコトを想定しているからで、それでもダメでsos状態になってしまった。高価な植物だけにダメージは大きい、今のところ打つ手無しか...
アーティチョーク
artichoke2.jpg
ナポリ観光は少々ヤバイと言われ観光コースには入っていなかったが、添乗員さんのサービスでスカッパナポリまで出かけた。ヤバイ場所?なので目配り気配りをしながら散策すると、野菜屋さんが目に飛び込んできた。おー!アーティチョーク(バイオレット・デ・プロバンス種)を売っているではないか、さすがイタリア名産のコトはある。食用で何度か挑戦したがイマイチで次回のイタリア紀行では食してみよう。
arti.jpg
花径が15cmもある巨大なアザミだがなぜか朝鮮アザミと呼ばれ紫の花が美しく、自宅とjazz喫茶の両方で2種類(カルドンとグリーン・グローブ)を栽培している。