FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの純粋種
gara_2018081019132748c.jpg
交雑の進んだサボテンにウチワサボテン亜科があり、純粋種を見つけることは困難であります。アズレアなど日本で流通している多くはマクロケントラの交雑?のようで、アズレアとは呼べませんが来歴がそうであれば否定もできません。植物ハンターのレゲエさんとジャパンレプタイルズショー2018_Summerにお会いして、純粋種について議論しました。サイテスで持ち出し禁止とした所で既に交雑が進んだ北米のウチワサボテンは余り意味がない気がします。唯一はガラパゴス諸島でここは隔絶されていますから、純粋種と呼んで良いと思います。もっともパナマ海流でメキシコあたりから流れ着いたウチワサボテンの進化したものがガラパゴスウチワサボテンで、メキシコは既に交雑が進み原点は失せていると考えられます。

ジャパンレプタイルズショー2018_Summerに参加!
bob.jpg
8月4日と5日はジャパンレプタイルズショー2018_Summerへ、ガラパゴスウチワサボテンを持ち参加してきました。ガラパゴスウチワサボテンの向こうがボール・パイソンの世界的権威者のボブ・クラークさんで、オクラホマの自宅では多くのサボテンも栽培されてます。元気なのはマクロケントラ(ボブさんはマクロセントラと発音)で、バシラリスは枯れたのでカットしてウチワを保存、綺麗な赤花はアシュキュレータとスマホの画像を見せて頂いた。アメリカも広大でオクラホマではサボテンの品種によっては難しいようです。ただアリゾナなどの現地まで採取に出掛けられるとは、誠に羨ましい限りです。

Opuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの復活プログラム5
gara1_20180802074754983.jpg
1年前に植物ハンターのレゲエさんから預かったOpuntia echios var gigantea の復活プログラムで、sawayaが実生接ぎしたものが見事に育ちました。黄色丸印のように完全活着です。そこでsawayaが上部を切断してキリンウチワに2回目の接木を実施しました。
gara2_20180802075037863.jpg
Opuntia echios var gigantea の上部とキリンウチワではアンバランスですが黄色丸印のように活着し、頭部の成長点から新トゲも出始め成功のようです。次くらいにはサボテン工房でもウチワ接ぎを予定しています。貴重な完全オリジナルがなんとか増殖に成功しつつあります。

ウチワサボテン ヨコノステレ”joconostle”接木の台木でベスト
joco2.jpg
ウチワサボテンの接木の台木に使用したものは、紅花ウチワ、大丸盆、大型宝剣、それにヨコノステレとなります。サバ属(サボテン工房で勝手に分類)の大丸盆、大型宝剣は若干腐りに弱い所があります。紅花ウチワは滅法強くベストに押したい所ですが、厚みが余りなく使いづらい面もあります。タイ属(サボテン工房で勝手に分類)のヨコノステレは強さ、サイズ、厚みと共にno1です。
jyo1.jpg
ガラパゲイアが思ったほど増産に成功していませんのでヨコノステレに接木をしています。
ハンドメイド専門店さわ屋
ヨコノステレのカット苗は↑こちらで出荷中です。

Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤トゲ赤芽特選カット苗
macro_20180702141254ac7.jpg
Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の種子トータル2,000個くらい播種した中の選抜株で、春先から初夏に掛けて濃紅からブルーグレーに変化するさまは美種の一言です。たった1本出現しただけですが、これだから実生はやめられません。ようやくカット苗の出荷が可能になりました。
ハンドメイド専門店さわ屋
Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤トゲ赤芽特選カット苗は↑こちらで近々出荷予定です。