プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテン対ナメクジ
garapa_20171004094037324.jpg
本業が多忙でサボテンの管理はsawayaへ任せっぱなし状態です。研究室へ閉じこもりデータの解析に明け暮れていますと大抵は煮詰まり、温室へ息抜きに出ます。なんと大事にしていますレゲエさんのガラパゴスウチワサボテンに又もナメクジの来襲でした。レゲエさん曰く、沢山芽が出ましたが殆どナメクジにやられました!よっぽどナメクジはオリジナルガラパゴスウチワサボテンが好きのようです。

鬼トゲ棟のOpuntia macrorhiza”マクロリサ”
st.jpg
Opuntia macrorhiza”マクロリサ”は繊細で美しく比較的小型のウチワサボテンで、特徴はトゲ色がクリーム色で且つ地下茎を持ちます。花は未見で黄色にオレンジとなればマクロケントラ系ですが、生長は遅い方です。そのマクロリサの子苗を入り口上空の鬼トゲ棟へ入れておきましたら、見事なトゲを噴出し且つ干からびて現地株並みの?風貌になってきました。

Opuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの復活プログラム3
garapageia_2017091306334778a.jpg
レゲエさんの正真正銘のOpuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var giganteaガラパゴスウチワサボテンの復活プログラムは、緊張を持って進めています。過日の雨でナメクジの襲来でしたが、安いナメクジ避けで見事に撃退しました。植え込んでから1ヶ月が経過して、猛暑から穏やかな気候になり発根は如何にや?ほとんど動きが見られず、何も出来ないまま越冬の雰囲気になってきました。1本ではリスキーで伸びたならば上部を切断して接木し、2本でリスク回避を目論んでいましたが...

Opuntia aciculata ”アシキュラータ”の鬼トゲ
accq.jpg
入り口軒下の小さな鬼トゲ棟は驚異的な鬼トゲが噴出して、他所での栽培株とは似ても似つきません。ここは地上高2.5m位で夏場など早朝5時の日の出から日があたり、お隣の建物で夕方の日差しは遮られてしまいますが、それでも夕方4時くらいまでは日照します。画像はOpuntia aciculata ”アシキュラータ”の子苗ですが、茶色で長い鬼トゲは素晴らしくアシキュラータでもここまでやります。

Opuntia azurea”アズレア”の種子配布
azurea_20170910082025bb2.jpg
記録によりますとマクロケントラ500粒、ヒメマクロケントラ1000粒、アズレア300粒、これが2015年に播種した数です。合計種子数1,800粒を播種して3種類合計発芽数約100本、発芽率は100/1800=6%になります。これでも良い方で全く発芽しない品種も相当数あります。原因は人気の無いOpuntiaの種子は売れ残り古い為と想像します。大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の自家製種子では凄い量発芽しましたので、鮮度が決め手です。
ハンドメイド専門店さわ屋
鮮度抜群のOpuntia azurea”アズレア”の種子は↑こちらで近々出荷予定です。