FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
オリジナルOpuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの重要性
gigax1.jpg
gigax2.jpg
国内流通のギガンティアとオリジナルギガンティアの接木をして順調に育っています。形が偏平とノッポがあり気にもとめませんでした。黄色丸印がオリジナル、赤丸印が国内流通です。
giga_20200924081003a11.jpg
はた!と気が付きました。現地の映像を見てもノッポであり、これがオリジナルの威力で重大事です。国内流通株は昔渡ってきたもので交雑が進み、オリジナルから徐々に遠ざかっていました。よってサボテン工房のオリジナルOpuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテンは貴重です。接木ですから直に開花すると思われますが、花にはネットをかけて交雑は許しません。

Opuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテン接木苗の生長
giga_20200916132632303.jpg
余りにもノッポに生長してフェロ球体専門の鬼棟へは置けなくなり、遂に戸外へ出しました。鉢からの高さは70cmを超えてしまい次なる新芽の登場では1mを超えてしまいます。これではフェロ鬼棟には無理です。 giganteaの特長はこのようにしゃもじ型に伸びて、金トゲがビッシリ付きます。金トゲに関してはまだまだこれからです。接木をすれば現地並みの株に容易になると思われます。

炎天下の雑草取り
opn1.jpg
近所のおばさんに「お元気でしたか?」と言われてガクッときました。余りの暑さに炎天下の雑草取り作業を控えていただけでしたのに。
opn2_20200902190554bc7.jpg
ここの所猛暑が若干和らぎ、猛然と雑草取り作業開始です。イネ科の雑草で根が深く蔓延り、ウチワサボテンごと抜けてきて閉口します。雑草は小さいうちに抜くべし、を実感します。

大型のウチワサボテン「ストレプトカンタ」
stre1.jpg
stre2.jpg
当初の狙い通り大型のウチワサボテンのストレプトカンタは高さ2.5mまで生長しました。3m位まで生長しましたら大きな鉢に植え替えて頭を止めます。後は横へ広げて大型の木になるようなイメージにします。下部は早い所木質化させて強度が十分に確保出来るようにします。大型のウチワサボテンは概ねこんな感じで仕上げていきます。

ウチワサボテンの災難
opn2.jpg
7月の豪雨の時、心配になり小雨を狙ってお店に出かけました。路地を曲がると、ん?見慣れたサボテンが転がっています。マクロケントラやデュルシスが転がっているなどあり得ず、サボテン工房のウチワサボテンが大雨により側溝の氾濫で流されたのでした。総勢8本ほどは見つけましたが、それ以上は下流へ流されて発見できません。近所に柴犬をつれて日々散歩に出るおばさんが居ます。sawayaに「最近さぼてんおやじさんを見ないけど、病気ですか?」と聞いたそうです。その理由は手入れが出来ず、草ぼうぼうになったウチワサボテン達でした。雨で草取りできず、晴天になれば猛暑でやはり草取りできず、災難は続きます。


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ