FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
紐族続々と開花
titan.jpg
故m橋さんの交配品種の紐族が続々と開花で、先ずはタイタンです。手前にのたくっているのは夜の女王で、それに隠れてタイタンの株は見えていません。
dairin.jpg
次は大輪柱でつぼみはかなり大きいです。
aida.jpg
しんがりはアイーダでこのつぼみは3角柱系で、昔咲いたチバジェニーとはだいぶ違います。夜半から明け方の開花で見逃す恐れありで、つぼみの状態で記録に残しておきます。

古株の景色2
kirin_20200404044009519.jpg
温暖な清水(市)の地でも杢キリンは戸外栽培できませんでしたが、地球温暖化は進み遂に今年は0度を下回りませんでしたので何年か後には戸外でも大丈夫そうです。さて温室の片隅に植えておいた伸び放題の杢キリンを根こそぎ抜いてしまいました。10年物の杢キリンの古株は見ごたえがあり、早速古株の景色流に仕立ててみました。根の部分はコブになっていますから地上へと出すと、随分と面白くなります。

三橋さん作出ステノプテラス(Hylocereus stenopterus)交配種の開花は?
steno3_20200401082205613.jpg
千葉の三橋さんの所から分けて頂いたステノプテラス交配種は3cmの断片になって絶滅寸前をsawayaによって救われ、画像のように回復しました。
steno_2020040108195939d.jpg
それから3年が経ち長さは3mを越えてのた打ち回っています。
steno4.jpg
以前のチバジェニーの時は4m位で開花しましたのでステノプテラス交配種は来年に開花すると期待しています。

鬼面角2度目の開花
kimen_20190817033323570.jpg
朝5時少し前にお店に出ると鬼面角が薄明かりの中、ひっそりと咲いていました。日が出た頃には縮み始めてまともな開花は早朝でしか見れません。花が終わりますと根元からポロリと落ちてしまい、花の残骸を残さない潔さがあります。これでもう少し繊細な花なれば、人気も出たのでしょうが。

m氏作出ステノプテラス(Hylocereus stenopterus)交配種抜き苗
steno0x.jpg
以前カット苗でアナウンスしましたm橋さん作出の「ステノプテラス、花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色」は、抜き苗で供給が可能になりました。
stno1.jpg
steno2_20190710052511ffc.jpg
高さは40cmほどですが、時期がずれますとどんどん長くなります。ステノプテラスの抜き苗はハンドメイド専門店さわ屋へお問い合わせください。