プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
来ました鬼面角!
kimen_20170915074608e79.jpg
鬼面角は清水で自生するほどの丈夫な部類ですが、ウチワサボテンと同じで柱サボテンとしてれっきと販売している所も少ないようです。何本か入荷してその内の1本を残して大きくしていますが遂に3mを超え、フェロカクタス鬼トゲ棟よりも高くなりました。お隣の柿畑で日陰になりがちですが、自力で早く大きくなって日差しを十分に浴びるようになりました。清水では鬼面角の大群生株を見ることも出来ますが、台風でも折れずに大きくなるのが不思議ですね。

緋牡丹錦接木3
hibotan_20170828102304b9f.jpg
昔なら画像の緋牡丹錦で極上斑となりますが、現在では並斑扱いで少々残念な気がします。東京オリンピックの翌年昭和40年の夏休み中、清水港で荷揚げ作業のアルバイトに精を出し、稼いだバイト代は全部サボテンに化けました。緋牡丹錦の種が通販で10粒500円位だったか?結構高かった記憶があります。期待に胸膨らまして実生から苗まで育て、全部黒で失望した懐かしい思い出があります。三つ子の魂百までで、いつも手元にあります緋牡丹錦でした。

緋牡丹錦接木2
nisiki.jpg
接木で失敗しないのは3角柱と緋牡丹錦で、相性が良いのでしょうか、歴史があるにでしょうか、誰がやっても上手くいきます。7月12日に接木して、その際は3角柱のカット苗ですから根は無く、ここへ来て発根成長を始める同時に子を吹いてどんどん増えます。高校時代に高嶺の花だった極上斑の緋牡丹錦が、フツーのサボテンになってしまったコトは良かったのでしょうか?悪かったのでしょうか?

緋牡丹錦接木
hibotan_201707111642415e5.jpg
緋牡丹錦接木の優良株の台木に腐りが入り接ぎ降ろしのハメになりました。子が沢山吹いて結構斑が良いものがあるので子を接木しました。まとめて8本もの緋牡丹錦の接木は高校時代にバイトで接木をして以来で、まあ作業には自信があります。3角柱も竜神木も接ぎ台は時としてやられることがあり、永久ではありません。高温多湿の清水(市)ではこの時期腐りに注意が必要です。

紐サボテン 夜の女王開花!
sereni.jpg
7月3日20時15分、
紐サボテン”夜の女王”の完全開花です。ウチワサボテン実生棟の一番奥に隔離したような格好で植えられていますが、毎年花を咲かせていますのでこの場所から移動しません。蕾が大きくなっていたのは知っていまして、蕾の写真を撮ろうとウチワサボテン実生棟に入ると良い香りがして、開花しているではありませんか。慌てて撮影した次第です。
serenix.jpg
7月4日3時5分、
まだ完全開花中でしたが、4時半にはしぼんでいました。栽培は特段難しくはありませんが、牛糞ギュウギュウで毎年元気に育てれば新芽は1m近く生長して、どんどん大きくなります。行灯風仕立ては考えず、温室中へのたくらせています。