プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
鬼面角撤去作業了
kimen_2017020815310064b.jpg
本エントリーで鬼面角撤去作業は了となりますがハイライトは何と言っても古株で、この古株を洒落た鉢に植えて子を吹かせ盆栽風に仕立てます。仕上がるまでには時間は掛かりますが何十年の古株から子を吹いた鬼面角は迫力があります。今考えれば切断時に各株の長さをもう少し長く残しておけばと反省ですが、ユンボが入った家屋解体中の撤去は余裕がありませんでした。それにしても根っ子は木の根そのものです。

鬼面角撤去作業3
kimen_20170206235627462.jpg
サボテン工房へ持ち帰った鬼面角の分割株、なんともバナナのように黄色く日光の強すぎはサボテンをこの様な色にします。この株をベースにきちんとした子を吹かせて増殖し鬼面角の安定供給を考えています。ウチワサボテンと同じでもともと駄物扱いされており、逆に安定供給は殆どありません。温暖な清水(市)の地では完全に自生でき、大型になりますからシンボルツリーにはうってつけです。

鬼面角撤去作業2
kimen_20170206015641fc2.jpg
長すぎてやむを得ず分割して2.5mを最大としました。払った枝と分割で長ものは4本、短いものが11本に古株となりました。サボテン工房には大物は置けませんので、小物と古株を合わせて10本を持ち帰りました。本来ならば分割などしない方が良いのでしょうが、運送はおおごとになるし植える場所もありませんので仕方ありません。まあ当方で植えれば毎年生長しますし、どんどん子を吹いてくれると思っています。

鬼面角撤去作業1
kimen1.jpg
kimen2.jpg
いきものや菊屋から”さぼてんおやじー、大型のサボテンを1,2本切ってもってけー、と言われた!”と連絡が入りピンときました。おおごとになるからさぼてんおやじも同行すると、撤去作業に行ってきました。静岡市の安倍川沿いの住宅密集地、鬼面角の古木で高さは最大で3mもある大物。家屋を解体中で責任者にことわると全部撤去しても構わない、とのことで根こそぎ解体撤去しました。この鬼面角は南に面した庭の塀沿いに植えられて、植後推定40年くらい経っているとみました。日当たりの良過ぎで緑が黄色に日焼けして損傷もありました。枝を払い1本々を丁寧に切り取り、ハイライトは古株で根が縦横に走り掘り起こし作業は苦労しました。

フェロカクタスとウチワサボテンの栽培法を変更せねば
macro_20170126143622f2a.jpg
画像の赤丸印はマクロケントラが真冬に新芽を出した状況です。毎日温度を観察していますが今年の冬は零下を下回る日が昨年の半分くらいに減り、デコボコはありますが明らかに温度上昇傾向で、清水(市)の地ではサボテン栽培を根本的に見直す時期です。真冬は温室を締め切り昼間はどんどん温度を上げ蓄熱し、夜間の温度低下に備えます。水遣りも最盛期ほどではないにしろ多めにやります。真夏前後は水を切り休眠させ、本年度から栽培法の変更です。