FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia bergeriana ”紅花団扇、ベルゲリアナ”
bergeriana2.jpg
Opuntia bergeriana ”ベルゲリアナ”は紅花ウチワサボテンとして流通している品種で赤花は美しく、極めて強健堅固で良く増えてくれる。ウチワの肉厚もまあまあで、接木の台木に使えて便利です。サボテン工房では只今増殖中で、アウトレット品を中心に沢山出品する予定です。こうゆうウチワサボテンを地植えにするとグングン大きくなるが、ゆっくり盆栽風に仕立てるならば鉢植えにしよう。
ハンドメイド専門店さわ屋
紅花団扇は↑こちらで販売中です。
opuntia stricta ”ストリクタ”その2
stricta2.jpg
どうも見覚えあるウチワサボテンで”分けてもらうのは止めましょう!”とs藤研究員に言う。
近所のやはり川っぷちの南斜面、好条件で大群生となった侵略的外来植物ワースト100指定の嫌われモノの”stricta”だ。
stricta5.jpg
こっちの画像はサボテン工房のstrictaの相棒”vulgaris”だが、増えすぎてサボテン畑へ埋めてしまった。ただ侵略的外来植物のセイタカアワダチ草のように、勝手にどんどん増えるような悪質でもない。植えた所で増殖を繰り返して大きくなる程度で2次元的に広がる速度は遅い。花も美しく古木化して盆栽風に仕立てるのも良いでしょう。
それと知らずにせっせと実生してしまったが、この手は交配雑種も多くアリゾナ実生が完成株になった時、案外見ごたえあるかもしれない。
ハンドメイド専門店さわ屋
それでも”stricta”苗は↑こちらでお分けします。
キリンドロロビビア属”硫黄竜”
iou1.jpg
伊藤ロビビアで一番好きな品種が”硫黄竜”デス。
読んで字のごとく花が硫黄火炎の如き鮮やかな黄色で、この画像は開花直後でややオレンジ掛かっています。
iou2.jpg
こっちが翌日の色でだいぶ薄くなり硫黄色になった。
画家のなりそこないは色についても気になり、現在では使用禁止のカドミュウムイエローなど重金属を使用した、ちょっと危険な香りのする昔の鮮やかな油絵の具を連想させるね。
ハンドメイド専門店さわ屋
硫黄竜の種子は↑こちらで取り扱います。
サクラ
sakura.jpg
残念ながらサクラは1年に1回しか咲かん!
あたりまえだろうが!
残念ながらあっちへ逝くまでに70~80回しか見れん!
......!

サボテン屋?jazz喫茶?
amp2.jpg
当社の技術部長が”サボテンでは有名ですよ!”と言う。jazz喫茶では知る人ぞ知る音の良い隠れた名店?なのだが、地元ではどうやらサボテン屋になっているらしい。ロボットだ!真空管アンプだ!ビル・エヴァンスだ!と言っても殆ど分からないが、店の温室から見えてくるサボテンなら誰でも分かる。最近は面倒で”そうです、サボテン屋です!”と答えるようにしているが、特に保育園児達からは”サボさんだー!”と喜ばれるのが大変嬉しい。

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ