FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
最強の伊藤ロビビアを作る温室2
gh2.jpg
赤丸印右サイド合計8箇所ポリカを銅エナメル線で支柱に固定した。
上品に育てようと考えたら大きな温室を持ち空気や湿度の慣性を大きくする。専門用語でpidの時定数を長くするという。ワイルドに育てようとしたら小さい温室でpidの時定数を短くする。今回はワイルドに育てよう温室になる。
gh3_201505011954546a6.jpg
左サイドも同様な作業をやる。
gh4.jpg
裏板の取り付け。
gh5.jpg
天井板を残して完成した。
伊藤ロビビアとウチワサボテンを50度の乾燥した環境に置き、鬼トゲを出したろ!
大型草木角交配(エビサボ)開花!
ebixx.jpg
山城さんへ連絡する。
”大型草木角交配を大量にください!”
”ようがす!”
本当に大量に送られてきて(注文数より多い)たまげる。
玉石混合の木質化した古株まで入り、園の苗全部を買い占めた感があった。
何年かはあまりの多さにほったらかしにしてしまった。
スマン!と昨年から気合を入れて面倒見たら花径11cmの大輪が美しく咲いた。
すべからく万遍なく面倒をみるべし。
フェロカクタス鯱頭の種子とゲインと効率と
syachigasiraseeds.jpg
世の中すべからくゲインと効率で成り立っている。
原発はとりあえず安いが廃炉処理を考えると安くなく、効率の悪いコトがバレてしまった。
ここ清水(市)の地でも安定して育つフェロカクタスに鯱頭がある。画像のように1房の実から勘定できないほど沢山の種子が採れて効率が良い。この比率”沢山の種子÷1房”をゲインと言う。よって鯱頭は極めて高いゲインとなり経済の基本もここにある。だがキャベツもレタスも鯱頭にしても豊作は価格の暴落を招き、ゲインが高すぎても具合が悪い。
ハンドメイド専門店さわ屋
鯱頭の種子は↑こちらで取り扱っています。
ディクソニアアンタルクティカのSOS!
dic.jpg
ジュラ紀のシダ類を思わせるディクソニアアンタルクティカの栽培法は寒さに強く比較的容易、となっているがどっこいこれが難しい。新規に植え込んだ3年半前の画像だが、現在は2本が殆ど葉っぱを出していない。1日何度も水遣りをしているが、これは現地が相当に雨が多いコトを想定しているからで、それでもダメでsos状態になってしまった。高価な植物だけにダメージは大きい、今のところ打つ手無しか...