FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
魅惑の刺サボテン
kk2.jpg
kk3.jpg
今は亡き小林公夫さんの名著で氏の栽培哲学が満載である。
仲介者のカクタスキキさんのご尽力により入手ができて感謝!
トゲもんのバイブルとならん。
テクノロジーラボとフェロカクタスラボ
labo2.jpg
labo3.jpg
amp工房クラフトロニクスの世界一小さいテクノロジーラボ、技術書にも載った。便乗がフェロカクタスのラボで20μsecの電流制御のプログラムをやりながら、トゲの研究をやる。
フェロカクタスの刺”神仙玉”
kakisakisin.jpg
毎度登場が信州のトゲ名人”カクタストゲざんまい”さんのトゲもんで今回は神仙玉、刺の最大幅は10mmにならんとする猛棘なのだ。信州は寒暖の差が激しくラグビーで夏の菅平を経験しているが、昼間は相当暑く紫外線は強烈、朝方は寒いくらい、そして乾燥、これらの条件が整って初めて良いトゲが出る。清水(市)でも今の季節、昼間は50度を超え夜間は15度くらい、これが続けば良いトゲ間違いない。故小林公夫さんも佐久へ移住したくらいだから、トゲもんには環境が第1と思う。清水(市)では神仙、刈穂は難しい部類になる。
最強の伊藤ロビビアを作る温室了
gh6.jpg
gh7.jpg
最強の伊藤ロビビアを作る実験用温室の設置が完了した。
本業はamp工房クラフトロニクスとゆう名称で、ロボット,オーディオ,太陽発電などの開発をやっている、その看板のあった位置に温室を設置して謂わば3次元リアル看板とした。
それにjazz喫茶にサボテン屋に画家のなりそこないに、
”やっぱり何屋だか分かんねえや!”の声が...