プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
opuntia erinacea v ursina ”エリナケア”
erinacea2x.jpg
これも鬼トゲ棟に入れておいたエリナケアで、あまりの美しさにたまげて”これって本当にウチワサボテンかね?”でした。長い白トゲも優に10cmを超えています。
apricotx.jpg
その白トゲは最長で20cmにもなり花は杏の花となっていますから、白から赤までの範疇の花でこれまた美しそうです。
ハンドメイド専門店さわ屋
エリナケアのカット苗は↑こちらで出荷予定です。

鬼トゲ棟の成果
onito4.jpg
鬼トゲを出すには過酷な環境を作るにかぎりその環境とは、強い太陽光線、高温、極度の乾燥、寒暖の大きな差(エアコンを使う)等で、鬼トゲ棟は最初の3条件を満たしています。
macrocentora1.jpg
鬼トゲ棟に入れておいた Opuntia violacea var. macrocentra はマイナーの長トゲタイプではないが、見事な鬼トゲが噴出してきました。気を良くして西側に設置しておいた1棟も鬼トゲ棟にすべく移設しました。好事魔多しで、高温と極度の乾燥は実生苗などひとたまりもなく焼け死にます。よってこまめに霧を吹きかけ、蒸発潜熱で苗を保護し高温サウナ状態にしています。
恩恵と害
eng.jpg
鬼トゲの噴出は太陽の恵みで、一方でカイガラムシの害により株がヒネテしまった。両方とも自然の摂理だが、恩恵を上手く取り込んで如何に害を排除するかが栽培の秘訣になります。鬼トゲ棟の移設を始めるにあたって鉢を全部降ろしたところカイガラムシ害を発見!慌てて削ぎ落としとアクリテック乳剤の散布を行いました。ウチワサボテンをやるならばカイガラムシとは全面戦争になります。
Opuntia macrocentra var. minor マクロケントラ鬼トゲ記4
macrocentora2.jpg
近所のサボテン好きな好青年が鬼面角の購入に見えたので、マクロケントラの鬼トゲについて説明して差し上げた。この好青年といい、お隣の植物好きのsk氏といい、みな心が優しい。願わくば心の優しい人々が安住できる世界になって欲しいものです。
さていよいよで、正体見たり枯れ尾花じゃあなくて正体見たり鬼ケントラです。本体が30mmのサイズに鬼トゲ長さが37mmで本体より長い、よって本体が150mmの成株になれば鬼トゲも150mmと見込めます。捕らぬ狸の...
ハンドメイド専門店さわ屋
マクロケントラ鬼トゲ予定の珠玉苗を2本を今秋に↑こちらで出荷の予定(予約可)です。
バシラリスの実生カット苗と栽培法
basitugi.jpg
バシラリス接木前哨戦で、カットした苗から見事に子を吹きました。
basilaris2_201507231725292bd.jpg
しかも苗によっては2個も子を吹き、カットした位置が良いのでしょう。
さて”バシラリス”で画像検索するとサボテン工房が沢山出てきてしまい”ウチを見たい訳じゃあない”となりますが、どうも皆さん上手く育てられていません。かくゆうサボテン工房も同様で、たかがウチワサボテンとした我が取り組みがまずいと思い、土質の問題から接木法も含め研究テーマとし群生株を作り群生開花を目ざします。