プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
ウチワサボテン実生苗接木技術の確立
azreat.jpg
昨年からウチワサボテンの実生苗の接木を行い、各種実験の結果技術が確立しました。ウチワサボテンの実生苗はウチワのくせして殆ど棒状に育ちます。この特性を生かして大根のように輪切りして各部を接木します。画像はOpuntia azurea”アズレア”の頭部でフツーの接木になります。
macrom.jpg
こちらはOpuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の中間部になり形状が輪切りで上も下も平なため、接木の糸掛けは一番楽です。
macror.jpg
こちらはOpuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の根っ子部分でひっくり返して逆さ接ぎです。この場合は刺座から下向きに子を吹きますがやがて自然の法則で上向きに成長して、この3態とも結果は殆ど同じになります。今年も大量に接木しますがもやしのように長く延びたバシラリスなんかは、1本の実生苗から数本の接木ができます。
実に面白い...

Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の接木
macro1_2016042618552602b.jpg
macro2_2016042618554687f.jpg
トゲの色が白っぽいもんだから”アズレア”に違いない、ウチワサイズは15cmと巨大化してヒメマクロケントラのはずがない、どこでどう勘違いしたのだろうか?年を越して本年の発芽を見ると、やっぱりヒメマクロケントラでありました。アズレアの新芽は黄緑色で赤色がマクロケントラ系になります。ヒメマクロケントラを接木で巨大化させ過ぎてしまいトゲの色が白っぽくなったと想像しますが、この先どうなるのでしょうか?

opuntia erinacea ”エリナケア”における実生の重要性
erina_20160425105834269.jpg
フェロカクタスの実生はトゲの選抜を目的としていますが、ウチワサボテンの実生は多くの個性作出を目的とします。画像はopuntia erinacea ”エリナケア”実生苗ですが、2苗の個性が見事に違います。ウチワサボテンは数年もしたらカキ子が山のように取れて多くの配布が可能となり、個性はなくなります。現状流通している多くのウチワサボテンはカキ子がほとんどで、サボテン工房ではウチワサボテン実生苗の供給に重きを置いて栽培を進めています。

Opuntia azurea”アズレア”発芽!
azrea.jpg
出ました!
昨年の5月に播種しました300個のアズレアの種子は1本も発芽せず越冬しました。案の定と言いますか、予定通りと言いますか、丁度2年経ってやっと1本発芽しました。今年は攻めの実生で3月から潅水を始め、先手々の管理が功を奏したと思います。あと何本発芽するかが勝負で、現時点でほとんど入手不可能なアズレア種子から貴重な実生苗をより多く作出すべく、リキが入ります。

エビサボテン開花
ebi2.jpg
大型草木角の交配品種で数年前に大量に仕入れました。子がどんどん吹き、増えるは増えるはどんどん増えて抜いたままの苗もあるくらいです。成長も良いのですがこの時期にしっかり開花させるには日光に良く当てて硬く育てないと、大きい割には開花しません。
天は二物を与えずで、花以外は何とも...
ハンドメイド専門店さわ屋
エビサボテンは↑こちらで出荷中です。