プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
k崎さんの金冠竜
kinkan_20160929043422149.jpg
ネット上の販売コーナーはとうに閉鎖され痕跡すら残っていませんから残念ですが、氏の最高のトゲもんの標本球の画像や、栽培法は随分と参考になりました。画像は販売されていた金冠竜の画像で、地肌が見えないくらいビッシリとトゲで覆われ、ここまで凄いと原産地球を凌駕しています。トゲ幅4mmでまだ太くなりますと言っておられました。

k崎さんの神仙玉
sinxx.jpg
画像k崎氏撮影
確か2010年だったと思いますがk崎さんが盛んにネットでフェロカクタス群を販売されている時、独占的に?分けて頂いていました。高温多湿な清水(市)で苦労するコトはわかっていましたが、鬼トゲに弾かれての無謀でした。当時は台湾の大手電機メーカの指導をやっていて年中台湾漬けでしたので、k崎フェロカクタスの検討で画像をjpgファイルにして大量に出張先まで持ち込み、検討を重ねていました。その時のk崎さん撮影の画像が古いパソコンから発見されて、記録に残すべきとアップします。氏の手書き品名札はきちんとしていてこだわりを感じていました。それにしても美しくも凄いk崎さんの神仙玉でした。

Opuntia azurea”アズレア”ナメクジ禍!
azurea_201609240820537fb.jpg
やられました!
ここの所の長雨でナメクジが出現してアズレアの新芽を総なめしてしまいました。隣にはマクロケントラがあるにも係わらずアズレアだけで、よっぽど美味いのでしょう。当初5本発芽して4本が苗で残り、実生床では4本発芽して都合8本あった苗が、今年の成果は2本だけになってしまいました。仕方がありませんので幼苗棟から乾燥している鬼棟へ避難させました。実に悔しい!

Opuntia macrocentra”マクロケントラ”の成果2016
macro_20160922041939e14.jpg
画像はネット上の原産地のおけるOpuntia macrocentra”マクロケントラ”の様子でありますが、サボテン工房ではこれらを参考に株作りをしています。
macro2_20160923023929ea7.jpg
こちらが鬼棟のマクロケントラで原産地に遜色ないと思います。フェロカクタスのトゲ名人k崎さんの逸品は原産地のトゲをも凌駕しています。工夫や努力をすればやれるはずで、皆さんも原産地球を越えましょう。

Opuntia galapageia”ガラパゴスウチワサボテン”の大量増殖、その後
gala.jpg
ウチワサボテンは夏過ぎに元気株ならば第2次新芽を吹く時期でもありますが、ガラパゴスウチワサボテンの接木用で切断されたその部分から空かさず次なる新芽を吹いて逞しさに感心します。逞しさはトゲにも及び、フェロカクタスのトゲは折損してしまいますとB級品に転落ですが、ウチワサボテンは折っても折っても、切っても切っても次なるトゲが噴出し、閉口します。まあ、逞しすぎるウチワサボテンと言えましょう。