プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
ブログ更新について
az_2017092004061526a.jpg
暫くの間本業多忙につきブログ更新は不定期になります。ご了承ください。

鬼トゲ棟のOpuntia macrorhiza”マクロリサ”
st.jpg
Opuntia macrorhiza”マクロリサ”は繊細で美しく比較的小型のウチワサボテンで、特徴はトゲ色がクリーム色で且つ地下茎を持ちます。花は未見で黄色にオレンジとなればマクロケントラ系ですが、生長は遅い方です。そのマクロリサの子苗を入り口上空の鬼トゲ棟へ入れておきましたら、見事なトゲを噴出し且つ干からびて現地株並みの?風貌になってきました。

来ました鬼面角!
kimen_20170915074608e79.jpg
鬼面角は清水で自生するほどの丈夫な部類ですが、ウチワサボテンと同じで柱サボテンとしてれっきと販売している所も少ないようです。何本か入荷してその内の1本を残して大きくしていますが遂に3mを超え、フェロカクタス鬼トゲ棟よりも高くなりました。お隣の柿畑で日陰になりがちですが、自力で早く大きくなって日差しを十分に浴びるようになりました。清水では鬼面角の大群生株を見ることも出来ますが、台風でも折れずに大きくなるのが不思議ですね。

Opuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの復活プログラム3
garapageia_2017091306334778a.jpg
レゲエさんの正真正銘のOpuntia echios var gigantea = Opuntia galapageia var giganteaガラパゴスウチワサボテンの復活プログラムは、緊張を持って進めています。過日の雨でナメクジの襲来でしたが、安いナメクジ避けで見事に撃退しました。植え込んでから1ヶ月が経過して、猛暑から穏やかな気候になり発根は如何にや?ほとんど動きが見られず、何も出来ないまま越冬の雰囲気になってきました。1本ではリスキーで伸びたならば上部を切断して接木し、2本でリスク回避を目論んでいましたが...

Opuntia aciculata ”アシキュラータ”の鬼トゲ
accq.jpg
入り口軒下の小さな鬼トゲ棟は驚異的な鬼トゲが噴出して、他所での栽培株とは似ても似つきません。ここは地上高2.5m位で夏場など早朝5時の日の出から日があたり、お隣の建物で夕方の日差しは遮られてしまいますが、それでも夕方4時くらいまでは日照します。画像はOpuntia aciculata ”アシキュラータ”の子苗ですが、茶色で長い鬼トゲは素晴らしくアシキュラータでもここまでやります。