プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia macrocentra”マクロケントラ”の標本球1号の2018年3月
macrocentrax_20180327180043725.jpg
2015年3月23日の画像です。
「ウチワサボテンに特化しようと決めた魅力ある品種がタイトルのOpuntia macrocentra ”マクロケントラ”なのだ。条件さえ良ければパープルに紅葉し”Black-Spine Prickly Pear”黒トゲが長く美しいウチワサボテンです。」と続き、マロケントラ3頭株実生苗の紹介でした。
macro_20180327180137cbf.jpg
発芽は2014年ですから2018年の3月は満で4年、この群生株は見事でサボテン工房ではno1です。カイガラムシ渦にも耐え苦労が報われます。戸外の栽培で然程問題はありませんが、美しくするならば温室にすべきですが戸外よりカイガラムシにやられやすく、トレードオフです。

Opuntia phaeacantha nm”ファエアカンタ”の栽培
phnm.jpg
Opuntia phaeacantha nm”ファエアカンタ・ニューメキシコ”は、アリゾナ産に比べて鬼トゲで見ごたえがありますが、若干根が弱くアリゾナ産のように無造作に栽培できません。意識はフェロカクタスのように扱う方が無難です。植え替え無しの整備をしていますが根張りの弱いものは植え替えで、ファエアカンタ・ニューメキシコは鉢のサイズダウンしています。ファエアカンタ・ニューメキシコを上手く栽培しましたら多分ウチワサボテンの王者になり、フェロカクタスで言う神仙のようになると思います。

Opuntia galapageia”ガラパゴスウチワサボテン”の増殖2017成果
gara_20180326134657658.jpg
一昨年の昨年9月にOpuntia galapageia”ガラパゴスウチワサボテン”の大量増殖を目論み、ガラパゴスウチワを短冊に切り紅花ウチワへ接木しました。昨年は苗が小さ過ぎて出荷レベルでもありませんでしたが、今年はまあまあでカットして植え込みます。カイガラムシ渦で酷い目にあいながらがんばった結果です。接木の親木は綺麗に洗浄して植え替え、今年の新芽に期待します。

ウチワサボテン春の植え替え
ekihi.jpg
何事も実験です。昨年は定石どおり春先にウチワサボテンの中型と大型の全数植え替えを敢行したら、その先の生長が思わしくありませんでした。そこで今年は植え替え無しで、生長の一段落した秋の植え替えを目論んでいます。その代り液肥をガンガンやって、花付きを促進しようと考えています。フロカクタスの大型と同様に3年程度で植え替えをした方が良いのかも知れません。

カイガラムシ対策
basi_2018031307574335b.jpg
今年の研究第一テーマはカイガラムシ対策です。せっかく苦労して大きくしたバシラリスの接木にカイガラムシが付いてしまい、洗浄して落としてはいたものの、既に体力は消耗してしまい越冬できない株が多数出ています。由々しき事態で実生でいくら増やしても何もなりません。そこでカイガラムシ駆除の薬品と手法の研究に取り組みます。