FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤芽選抜苗
macrog.jpg
ヒメマクロケントラの新芽の色は大きく分けて3種類あります。
先ずはトゲの先端のみ薄い赤で他のトゲもウチワもほぼ黄緑色。
macrorg.jpg
続いてトゲの先端は濃い赤でウチワは黄緑色。
以上の2種類が大半の株になります。
macrorr.jpg
最後はトゲ全体が赤でウチワも赤、まるで赤鬼です。燃えるような美しい赤は新芽の時だけで、生長するとやがて青緑グレーの標準色になります。これは標本株の1本だけに現れた現象で、実生の醍醐味と言えましょう。やっとカット苗の出荷可能になりますが数量は限定です。
ハンドメイド専門店さわ屋
ヒメマクロケントの赤芽選抜カット苗は↑こちらで今夏出荷予定です。

ナメクジ駆除剤 ナメトリンキング
ナメトリンキング
何度も同じ間違いをしてしまい記録に留めておきます。過日新しく出来たホームセンターへ出かけてナメクジ駆除剤を見ていましたら、有名な大手でしかも能書きの素晴らしいナメクジ駆除剤を見つけて購入しました。早速撒いてナメクジを撃退しましょう。早朝実生棚のナメクジはこのナメクジ駆除剤の横を悠然と過ぎて行きました。しまった!ナメクジ駆除剤はナメトリンキングしか効きめが無かったのを思い出しました。
 
Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱2
azurea2_20180424220025c20.jpg
Opuntia azurea”アズレア”標本株の百花繚乱ですが、巨大になウチワの稜線に一列に蕾が付き素晴らしい光景です。どうやらこの系統は実生から5、6年で開花を向かえるようです。アズレアなどは花サボテンに位置づけて栽培していますが、それには有り余る資格があると思います。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の蕾?
belen_20180423044336e94.jpg
ウチワサボテン ロブスタ ベレンと続き、和名は”大丸盆ウチワ”となりますが、サボテン工房ではベレンと呼ぶことにしています。正式にはOpuntia属 robusta種 変種名Belenとなります。2013年9月に清水(市)の某所で自生しているのを発見しましたが、後日チエンソーでズタズタにされて川に捨てられたため、何個か回収して植え込みました。あれから約4年半、遂に花芽らしきものがつきました。大きな節の場合5段目、要するに5年くらい経過しますと開花時期になるようです。こちらも詳報していきます。

Opuntia basilaris ”西沢バシラリス”の完全復活
basi_20180421041200bb2.jpg
親株は何本もカイガラムシにやられて枯れてしまいました。そのカキコなどを接木して3年が経ち見事に復活して花芽(赤丸印)をつけました。もう大丈夫で増殖に移ります。カイガラムシの対応を間違えて枯らしてしまいましたが、特効薬の開発が完了するまでの間はマメに掃除してカイガラムシを蔓延らせないことです。蔓延したカイガラムシを除去しても株本体の力は失せてしまい、且つ洗浄などによる除去にも限界があります。バシラリスはフェロカクタスのような用土にして日照時間も長くし水遣りも控えめにすれば順調に育ちます。