プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の果実
belen1_20180615172420442.jpg
こちらは2013年の9月にベレンの自生地(清水某所)で採取した果実です。これの完熟果実は驚くほど甘くて、それで大丸盆をやる気になりました。
belen2_201806151725327f9.jpg
ついにサボテン工房でも結実して見事な果実が出来ました。自生地と違い鉢植えでウチワサイズも小さく果実も小さい?と思っていましたら、自生地の果実より大きく追肥の効果が出ています。完熟は9月以降ですが、その頃味についてレポートします。

フェロカクタス神仙玉大物の植え替え
sin_201806110635149bd.jpg
直径で30cm高さ35cmのフェロカクタス神仙玉大物の植え替えは難航を極めました。大きな鉢を使えばなんでもないのでしょうが、神仙玉の直径より小さい鉢で土の入れようがありません。神仙を傾けながら隙間を開けそこから土を投入します。すると傾いて鉢がこけてしまい大惨事です。そこで両足で鉢を挟み倒れ防止をしながら土を投入しましたらうまくいきました。ヤレヤレです。

エリオシケ属”極光丸”植え替え2018
kyoku_2018060807492144b.jpg
k崎さんの所でもトゲの立派な南米産エリオシケ属の極光丸がありました。フェロカクタスではないのですがどうもトゲ族に気に入られているようです。西沢サボテンさんから7年ほど前にサイズ18cmで譲り受けたものが30cmにまで巨大化して、植え替えに「重い!」となりたまげています。とにかく育て易く美しい南米サボテンでお勧めです。

フェロカクタス赤鳳の親株
fero_2018060315134313b.jpg
フェロカクタスの赤鳳は難しいフェロカクタスの中にあって比較的容易に栽培できます。ただしサビ上がりが起き易いのでどんどん生長させ、サビより早く上に伸ばすように心がけています。サボテン工房の赤鳳は大株ばかりですが、その中で一番背の高いのが画像の親株で、何と高さは45cmもあります。人気はイマイチですが赤トゲが美しく素晴らしいフェロカクタスと思っています。

Opuntia bergeriana ”紅花団扇”花ウチワ交配の原点
ber.jpg
昭和30年代も後半、伊藤先生の作られた伊藤ロビビアの花の美しさには大いなる憧れがありました。あれから50年が過ぎた現在はウチワサボテンが専門ですが、原点回帰でウチワサボテンで花の美しい花ウチワサボテンを作出しようと始めました。ロビビア交配の原点に白檀の赤があると聞いていますが、花ウチワサボテン交配の原点にOpuntia bergeriana ”紅花団扇、ベルゲリアナ”の赤としました。早速sawayで紅花団扇xヒメマクロケントラなど何種類かの交配を実施しました。