FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
オリジナルのOpuntia echios var giganteaと日本流通のOpuntia echios var gigantea
giga.jpg
オ-クションでガラパゴスウチワサボテン(Opuntia echios var gigantea)を落札しました。高額なのでムリかなと思っていましたがラッキーでした。目的はオリジナルのサンタクルス島のOpuntia echios var giganteaと日本流通のpuntia echios var giganteaを比較研究して、実態の解明に迫りたいと考えています。現在ガラパゴスウチワサボテンはOpuntia galapageiaとサンタクルスオリジナルのOpuntia echios var giganteaと日本流通のOpuntia helleri K.Schumと日本流通のOpuntia echios var giganteaの4種類となりました。ガラパゴスウチワサボテンの研究にいっそう拍車が掛かり、乞うご期待です。

驚きの鬼面角
kimen_20180825083928b42.jpg
温暖な清水では何箇所かに管理者不詳で大群生株が自生しています。高さは5m位まで高くなりそれは見事な群生株です。サボテン工房の鬼面角も高さは3.5mと4年で生長しました。開花は4個くらいあり今年の花も終わりか~と思っていましたら、台風の後蕾が一斉に噴出し、驚きの鬼面角です。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の果実が実る
belen_20180823132357e01.jpg
自生地では2013年9月に果実を採取しましたから、あれから5年が経ちサボテン工房オリジナルの大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の果実が実りました。直径は60mm程もある正に果物です。採取前に果実が転がって落ちていたのでてっきり叩き落とされたと思っていましたが誤解で、余りにも果実が重いため強風による落下でした。完熟までもう暫く放置して、味についてレポートします。

日本で流通しているガラパゴスウチワサボテンの正体は?
garapa_20180819193929824.jpg
日本で流通しているガラパゴスウチワサボテンの正体を知りたくて、先ずは入手することにしました。埼玉の新井エンゲイさんに出物があり急遽出向いて譲っていただくことになりました。サボテン栽培家の訪問は久しぶりで、sawayaと慣れない圏央道を一路埼玉へ向かいました。これが思ったより早く着いてしまい、新井さんに無理を言って温室を開けて頂きました。栽培の状況は乾燥気味の堅作りで好印象でした。ガラパゴスウチワにロビなどを分けて頂きトンボ帰りです。新井エンゲイさんありがとうございました。
hell.jpg
出展:wikipedia
現物は四国の名人彩仙園さんから出た黒っぽい肌に金から白トゲのようで、生長は遅く日本国内では高額で取引されています。さてその実態は?
レッドリストを丹念に追っかけました。
Opuntia galapageia Hemsl. var. barringtonensis E.Y.Dawson
Opuntia galapageia Hemsl. var. galapageia
Opuntia galapageia Hemsl. var. gigantea (J.T.Howell) D.M.Porter
Opuntia galapageia Hemsl. var. inermis E.Y.Dawson
Opuntia galapageia Hemsl. var. macrocarpa E.Y.Dawson
Opuntia galapageia Hemsl. var. megasperma (J.T.Howell) D.M.Porter
Opuntia galapageia Hemsl. var. mesophytica J.Lundh
Opuntia galapageia Hemsl. var. myriacantha (F.A.C.Weber)
Opuntia galapageia Hemsl. var. orientalis (J.T.Howell) D.M.Porter
Opuntia galapageia Hemsl. var. profusa E.F.Anderson & Walk.
Opuntia galapageia Hemsl. var. zacana E.F.Anderson & Walk.
Opuntia helleri K.Schum
Opuntia insularis Stewart
Opuntia megasperma J.T.Howell
Opuntia myriacantha F.A.C.Weber
Opuntia saxicola J.T.Howell
遂に見つかりました!
Opuntia helleriで画像のように黒っぽい肌地に金色っぽいトゲです。原産地は「Opuntia helleri se distribuye por las Islas Galápagos en las islas Darwin, Genovesa, Marchena y Wolf.」からダーウィン、ジェノベサ、マルケナ、ウルフ島のガラパゴス諸島に分布している、となっています。よってガラパゲイアと表現するのは間違いで正確にはオプンチア・ヘレリとなります。これはあくまでも暫定で、仲間の植物ハンターのレゲエさんがガラパゴス諸島を再訪された時、これらの島で確認しましたら決定となります。今年は様子見で来年から大量増殖を試みます。

ウチワサボテン種子の安定供給
macro_2018081019591682c.jpg
Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の種子をアメリカからトータルで2,000粒ほど取り寄せ播種しましたが、発芽は200本弱でした。ウチワサボテンのような硬実種子は発芽が難しいとばかり思っていましたが、単に種子が古いだけのようです。sawayaで採取している新鮮な種子は気持ちの悪いくらいに発芽します。本邦初で日本産のウチワサボテン種子の安定供給ができるようになり、順次品種は増やしていきます。
ハンドメイド専門店さわ屋
各種ウチワサボテンの種子は↑こちらで出荷中です。