FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
台風禍
taifuu.jpg
夜になり風雨が収まった頃に店に出ますと、温室はちゃんと存在して無事を確認しました。翌朝明るくなり出かけると道路にビニルトタンが1枚落ちており、立てかけていたものが飛んだとばかり思っていました。何日かして紐棟へ行きますとやけにギガンティアの接木が雨に濡れており、上を見上げると温室のビニルトタンが2枚吹き飛んでいることを発見!更に隣の庭に吹き飛んだビニルトタンのもう1枚も発見、慌ててネジ止めして事なきを得ました。その際に杢キリンとキリンウチワの屋外噴出分を選定しましたが、杢キリンには花が咲いており、これには驚きです。

Opuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテン接木苗の新芽その後
gara_20191013201047eaa.jpg
8月29日に今年のオリジナルギガンティア(ガラパゴスウチワサボテン)の接木は完了し、9月9日に植え込みが完了し、9月27日に新芽吹きを確認しました。他のオリジナルギガンティアの接木数本も新芽が吹いて極めて順調です。最初に新芽を吹いた接木株は優良株扱いで、その後の生長も優れているためフェロカクタスの鬼棟へ置きました。日中の最高温度は50度にも達し、現地ガラパゴスより激しい環境に鬼トゲの出現を期待しています。大きさは既に接ぎ穂より大きくなり、これが接台ヨコノステレの威力です。

Opuntia echios var gigantea 国内流通ガラパゴスウチワサボテン接木苗のその後
gigan_20191002054225bdc.jpg
国内流通ギガンティアの接木は11本で、動きは無しでした。しかし新芽は未だ出ていない代わりに接木の際に切り取ったトゲが新たに噴出し、また活着面も一体化してきてどうやら接木は成功のようです。やはりこの程度のサイズがウチワ接ぎに最適な気がします。ヘレリのように肉厚は水分の蒸発も多く、接ぎ穂が変形し易く活着面は離れ易いです。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ