FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
武蔵野物語
mu1.jpg
自粛要請解除で、満を持して中部横断自動車道を駆け上がり小淵沢で下りて、一路清里へ向かいます。目的地は柳生博さんの経営する八ヶ岳クラブです。雨の八ヶ岳クラブは客も少なく落ち着いた雰囲気で素晴らしい、チョットお高いが美味しい食事を楽しめました。
mu2.jpg
もうだいぶ前ですが、nhkの園芸番組出ていた柳生真吾さんが急に亡くなられてしまい、残された植物達を見ますと親切にして頂いた頃を思い出します。実に優しい好青年でした。こっちはサボテン多肉ですが、真吾さんはサボテン多肉に止まらず植物全般に興味があったようです。その名残で、植物の販売もされています。お~、何と長トゲ武蔵野があるじゃあありませんか、お代を見てびっくり、400円で迷わず身請けしてきました。販売担当の青年に「もう30年近く通っていますが、こんなに得をしたのは初めてです、真吾さんのお導きですかね?」と言うと「真吾さんのお仲間が栽培されていて、お代は良心的です」で納得でした。
mu3.jpg
sawayaから大型宝剣とバーバンクウチワの選定作業をやって欲しいと頼まれて、大量剪定です。不細工で巨大な大型宝剣とバーバンクはピクルスにも出来ないゴミで、そうだ武蔵野を接木しよう。とゆう訳で今年最初の接木は長トゲ武蔵野になりました。巨大化させて八ヶ岳クラブの亡き真吾さんへプレゼントです。果たして上手くいくやら。

opuntia joconostele” ヨコノステレ”活況
jyoco_2020062306304378c.jpg
今年は梅雨も無く好天が続いたためヨコノステレが大繁殖です。貴重なオリジナルOpuntia echios var gigantea ガラパゴスウチワサボテンの接木用で大量に必要としていましたから、まさに好都合です。あと半月くらいで新芽が固まりますから、大量接木の開始です。

多分3角柱開花
3kaku.jpg
名札にアイーダ?と付けて大事に大きくしましたら遂に開花になり、どうもおかしい。sawayaからも指摘があり調べましたが、千葉のm橋さんは亡くなり購入履歴も調べようがありません。ホワイトドラゴンは手に入れていませんから、m橋さんの所で分けて頂いた接木の台木の3角柱と消去法でなりました。なんだい3角柱か~、身分を上級市民から一般市民へ戻します。まあ、綺麗な花で沢山咲きますから良しとしましょう。

大輪柱開花全記録
d18ji.jpg
夕方6時に開花が始まりました。
d19ji.jpg
19時でだいぶ開いてきましたが、ここでsawayaとバトンタッチで自宅へ戻ります。
d24ji1.jpg
そして12時、夜勤で出社です。見事に開花していました。
d24ji2.jpg
サイズはガクを入れれば30cmはあります。
d24ji3.jpg
50年前は途中で投げ出した大輪柱でしたが、今回はきちんと開花まで見届けました。
d06ji.jpg
朝6時、だいぶ萎みかけていますが先週咲いたタイタン程は萎んでません。凄い花ですが一夜の宴は何とも勿体ない。

Opuntia stenopetala”ステノペタラ”開花
stenopetala_20200531160329f1f.jpg
画像出展:wikipedia
「ステノペタラの花画像が衝撃的でつい種子をメサ・ガーデンへ追加オーダーしてしまい、これをサボテン工房の看板ウチワサボテンにしようと思ったが、花が未見では尚早だな。」2015年にはそう決めて精を出していました。
steno1_2020053116033044e.jpg
steno2_2020053116033135f.jpg
昨年から開花が始まり、だいぶ現地写真とは違うな~と失望です。それに戸外栽培はハダを汚くして美しく栽培するには難しいそうです。ならば巨大株にして百花繚乱を企みましょう。


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ