FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia macrocentra var. minor マクロケントラ特別管理体制
macro1_201506101941545e0.jpg
1,000個の播種はプランターを利用し用土関係はサボテン工房オリジナルとした。さすがに1,000個の種子は多く、100均のプランター2個を使い500個づつ蒔いた。
macro2.jpg
播種して10日が経ちチラホラ発芽してきたが、芽に勢いが無く双葉まで成長できない。そのまんま放置して時間が経つと、画像のように根の先端から赤腐れが入りダメになる。
macro3.jpg
そこでバシラリスで会得した清水ツボ抜きの技を駆使して、未完成な芽を抜き出した。種子の大きさからマクロケントラのサイズが限界で、これ以上小さいとこの技は使えない。
macro4.jpg
いつもの実生移植用鉢を用意してこの未熟児を丁寧に植え込む。半日陰で越水をして万全を期し、この作業は毎日行わなければならない。1,000個播種は投資も大きくOpuntia macrocentra var. minor マクロケントラの鬼トゲの為に、特別管理体制を布いた。