FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
激闘!カイガラムシ編
basilaris1_20150617161639aea.jpg
丈夫なウチワサボテンの天敵はカイガラムシで、皆さん十分注意しましょう!
ダイシストン粒剤からアクテリック乳剤からetc...農薬が効いて完全に駆除できた!と経験談は踊り推奨の処方も試したが、薬屋の回し者ではないかと疑ってしまうほど効き目は無い。投じた農薬代も半端ではないし、ダイシストン粒剤などは庵原農協の本部まで出かけて、使用目的の申告し捺印してやっと購入できた。
basilaris2_20150617161835650.jpg
バシラリスの標本株1本がカイガラムシに強烈にやられてしまった。他のウチワサボテンと同様にハブラシと高級な絵筆でカイガラムシをそぎ落としてひとまず安堵していたが、最近一斉にカイガラムシが噴出し逆襲された。よくよく見ると刺座に擬態のように入り込んで(赤丸印)、そぎ落としが完全ではなかったのだ。
basilaris3_2015061716192939e.jpg
そこでピンセットを使い丹念に刺座からカイガラムシを抜き出した。赤丸印はまだ取りきれておらず、その手間のかかることおびただしい。カイガラムシの特効薬は早期治療と”完全そぎ落としの根気”とゆう農薬なのだ。