FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
バシラリスの接木
basilaris_201510141804335b0.jpg
バシラリスの2本接ぎは活着の具合を見るに最適で、画像の如く生長の度合いが違います。小さい方はかろうじて付いている程度で、接ぎ穂が大きくなったら自重に耐え切れず落ちる可能性があります。大きい方は逆さ接ぎながら活着面近くの刺座から芽を吹き、それが接ぎ台と一体化なりかかって完璧な接木で既に14cmまで生長しました。問題はこの先で、接ぎ穂たるバシラリスがどんどん大きくなり且つ群生株にまで成長したとき、活着面はそれに耐えられるのでしょうか?答えは来年に持ち越します。