FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia vulgaris”三保ウルガリス”
vulgarisx_20160311044921133.jpg
Opuntia vulgaris”ウルガリス”は嫌われものストリクタの相棒で、特定侵略的外来植物としてwikipedia文に「代表的なウチワサボテンの一つ。非常に強健な植物で、世界各地の荒地に侵入、定着している。繁殖は実生の他、栄養繁殖もする。駆除の際、破片を残すと、かえって増える場合がある。細かい刺が多数ついており、人間や家畜に被害が発生する。サボテン科では、他にも杢キリン(葉を持つ蔓性のサボテン)や新橋(紐状のサボテン)も適応性が高く、各地に侵入している。日本での野生化の報告はない。」となって、随分と冷淡な扱いを受けています。
vulgarisxx_20160311050350785.jpg
野生化の報告は無いとありますが、清水では久能海岸から三保にかけてサボテンブーム時代に植えたのか群生株を散見できますが、野生化には環境が厳しく増殖は見られません。さて三保の松原から拾ってきたウルガリスはようやく復活し今年から出荷が可能になります。世界遺産に指定された三保で見つかったウルガリスですから、三保ウルガリスと命名します。
ハンドメイド専門店さわ屋
カット苗の”三保ウルガリス”は↑こちらで近々出荷します。