FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
ステノペタラ接木露地植えの失敗
steno.jpg
失敗と言う程のコトではないにしろ露地植えの問題点がはっきりしました。温室やフレームの片隅にどうしても伊豆サボテン公園のような露地植えに憧れて幾多となくやってきましたが、イマイチ生長が芳しくなくやったり止めたりを繰り返してきました。今回はステノペタラの接木を露地植えパワーで一気に大きくしてやろうと企みましたが、鬼棟やフェロカクタス棟の鉢植えの方が生長が早く力強い苗に生長していました。強いサボテンならば露地植えも問題無いのですが、しかし生長の速度に差がありました。原産地の地表温度は想像を絶する高温になりますから、昼間は出来るだけ鉢の温度を上げることが必須なのです。フェロカクタスもウチワサボテンも鉢の温度を如何に高温にするかが生長の秘訣です。しかしこの高温を夜間は下げねばならないジレンマがあります。