プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
フェロカクタスとウチワサボテンの栽培法を変更せねば2
sinsen_201701301752065d8.jpg
画像撮影k崎さん
昨日は所要で高速を走り、富士川楽座の駐車場で車の温度計は24.5度を指し少々暑く驚きました。急に閉め切っておいた温室の温度上昇が心配になりました。さて”栽培法を変更せねば”では故小林公夫さんの新潟時代の温室と、信州フェロカクタス師匠の栽培法の実現化にあります。小林さんの温室はガラス窓で強力な日光を与え温室内に湿度確保で水を流してあり、師匠の所は棚ではなくて地面に直置きにしてあります。強力な日光は日照時間が少ない場合の救済措置で、湿度は十分に与え、地面の直置きは鉢の温度が夜間でも下がり難くなります。球体の温度は下げ、鉢の温度は下げないが理想的な温度管理です。さてどこまで変更できるやら。