プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia basilaris”バシラリス”の天敵カイガラムシ
basi1.jpg
フェロカクタス鬼棟の一角へ置いていたOpuntia basilaris”バシラリス”の接木苗に、僅か1週間の間にカイガラムシが大量に発生しました。早速ジェット水流で吹き飛ばしますが、最悪の刺座の中に入り込んだ状態で、この中にタマゴも居ますから次々と湧き出し遂には株がだめになります。以前これで標本株を全滅にした経験があり、カイガラムシ駆除を真剣に取り組むと決めました。バシラリスを本格的に栽培するからにはキーポイントになると思います。市販の農薬では効きませんので自分で駆除薬の開発をするつもりでいますが、とりあえずアクリテック乳剤を散布しました。
basi2_201703172057255bc.jpg
それを大型のゴミ箱(鉢用)へ入れて更に同じもので蓋をし、合わせ目にシールのテープを張り完全密閉します。これを日光にさらし高温にしガスを発生させて駆除を目論見ます。これでうまくいくようならば密閉できて中が見える、透明のカイガラムシ除去室を作ります。