FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
Opuntia basilaris”バシラリス Wickenburg”開花!
basi_20180518222900007.jpg
はなかっぱのようにパカ~んと開き切って咲いたバシラリスは初めてで驚きました。2014年にバシラリスの種子をはじめて輸入して播種しましたが、1本も発芽しませんでした。2015年は敵討ちのように1,000個の種子(種の採取地アリゾナのウイッケンバーグ)を手配しましたら、こっちは雨後の竹の子のように発芽してエライことになりました。半数以上はカイガラムシにやられてダメになりましたが、残った実生苗はまだ小さく開花には至りません。今回開花したバシラリスは接木株で、ウチワサイズは縦長の35cmと巨大になり3年で開花しましたから、花を見るための促成栽培に接木は大いに有効です。
basi2_20180519044657315.jpg
画像のバシラリスが near Wickenburg, Arizonaの現地で撮影されていますから一番近い品種と思われます。
basi3_20180519045439007.jpg
バシラリスの自生地はカリフォルニアにユタにアリゾナにネバダ、カリフォルニアとユタ州は仕事で何度も行ってましたが、当時はバシラリスに興味がなく探索は英冠だけで今となれば残念でした。