プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
m氏作出ステノプテラス(Hylocereus stenopterus)交配種
st1.jpg
千葉のm橋さんの所で紐サボテンでたまげるような赤い花の”商品番号 :D-008 「ステノプテラス」花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色” を見つけて、分けてくださいと連絡しました。
残念ながら在庫はありません、但し”商品番号 : D-009 「ステノプテラス交配種」花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色”なら在庫はあります、と返事があり分けて頂きました。
stenopterusxx.jpg
こちらがステノプテラス原種(Hylocereus stenopterus)の花画像で、凄い花であることが分かります。これらと似た花ならクジャクサボテンもありますが、柱=紐サボテンに拘りますから、紐族としましたら3角柱が蒐集の限界と思っています。
stenopterus_20180529200527716.jpg
2013年7月に入手して実生棟の奥へ露地植えしました。2年ほどでのた打ち回る位大きくなり、しかし連年の放置が祟って冬季に枯れてしまいました。生き残った?根っ子と断片をsawayaへ渡し、ウチワサボテンの多忙さでその存在をすっかり忘れていました。m橋さんが亡くなられたコトで遺志を継ごうと整理してましたら、sawayaが「これあります」と差し出したのがステノプテラス交配種で、奇跡的に苗にまで生長していました。たった3cmの断片だったものがです。何とか短時間に生長させ開花まで持っていきたいと、今度は手入れを怠りません。