プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の悲劇と復活
1_20180525211922a11.jpg
最近は出社が遅くなり早朝6時頃、遅刻だ~とお店に出るとなにやら異変が...道路端に置いたOpuntia robusta f.”Belen”ロブスタベレンの蕾がもぎ取られ道路に転がっていました。雌伏6年目でようやく開花を向えた貴重な蕾なのに。憤りを通り越し悲しくなり、転がって傷だらけの蕾を何と接着剤のボンドで貼り付ける奇想天外に出ました。
2_20180525212111a77.jpg
ボンドが乾いて接着が完了する前に落ちてしまうため、サボテンの長いトゲで串刺しにして仮止めします。言ってみれば卑劣なコトをやった不肖人に対する警告なのであります。
31.jpg
何日かが過ぎて異変が?蕾の花弁部分が動き始めているではありませんか!
41.jpg
更に日が過ぎて遂に開花しました!
接木ならば可能性はありでしょうが、接着はボンドの媒体で固定されているため本体と何らエネルギー交換は行われていません。元々蕾には開花するまでのエネルギーが保存されていたとしましょう。
51.jpg
キズだらけの蕾本体から正常花よりは小ぶりですが見事に花が咲き、交配までやって種を採ります。常々思いますが、サボテンの寿命を人間が勝手に決めてはいけないのです。いつ何時、どのような奇想天外が起きるか分からないのが人類を含めた生物の奇跡と思います。