FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
フェロカクタスの刺 ”黄刺神仙玉”
onsitu.jpg
太平洋沿岸の清水(市)の地は高温多湿で、フェロカクタスの栽培においては難しい環境と言える。そこでフェロカクタス専用の温室を作る際に一計を案じた。先ずは地面の湿気上昇を考え設置場所はアスファルトで舗装された駐車場とし、光をモロに取り込む透明のポリカの波板を使い、棚を設けフェロ棚は天井近くの最上段とした。
shin.jpg
おかげさまで塩尻の西沢サボテンさんから仕入れた黄刺神仙(一度トゲ洗浄)はご覧のようにカビることなく美しい。
temp.jpg
しかしチョット油断すると温室温度は50度を軽くオーバーしてしまう。温度計の下は長刺が凄まじい烈刺玉で、やはり刺はカビることなく美しい。
isou.jpg
好事魔多しで高温の副産物は日焼けで相当数ダメにし、また高温低湿度にすればカビは無いが干からびてしまい、これまたかなりの数コジらせた。刺にばかり注意を集中した結果で仕方ない。現在は50度維持で雑菌の繁殖を抑えつつ霧吹きで多湿として、栽培環境を変更している。
とゆう訳でフェロカクタスの美球を作るのが如何に困難か!結局フェロ名人のように信州へ移住することになるが、-15度の室内でビールが凍る?環境では無理...