FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
鉢の温度を上げる
opuntia.jpg
サボテン工房の温室はフェロカクタス用に作られ、強光線、高温、低湿度となっている。この低湿度はチト具合が悪く、成長の促進には多湿の必要がある。トゲのカビを恐れて高温乾燥させたら干からびてしまいコジレが起きた。さてこの環境でフェロカクタス以外の品種を栽培するとどうなるだろうか?見たことが無いような”鬼トゲ”が吹き出して伊藤ロビビアも凄いことになるのだ。しかし日焼けのリスクは多大で傷だらけの株も多い。強光線、高温で日焼けさせないためには霧を噴霧し湿度を100%近くして、蒸発潜熱で株の表面温度を下げれば良い。
現地では紫外線も強く温度も高く結果として地表の温度はかなり上がる。よって先ず鉢の温度を上げよう。必然的にプラバチの黒を使い温室は透明の波板で強光線とし、設置場所は天井近くが良い。ウチワサボテンを現地並みの”鬼トゲ”にするために斯様な方式となる。