FC2ブログ
プロフィール

さぼてんおやじ

Author:さぼてんおやじ
ご訪問感謝です。
サボテン暦50年のあんぷおやじが、さぼてんおやじと相成りまして鬼刺ウチワサボテンの専門店になろうと決めて、ブログを開設しました。
育てたウチワサボテンは、ハンドメイド専門店さわ屋 (ウェブショップ)とCAFE PADOVA (実店舗)に出品しておりますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
当工房で栽培しているサボテンに関する情報は、サボテン工房ホームページ でもご紹介しています。
 
*当ブログ(関連するサイト・ショップ含む)に掲載の画像・文章を引用・転載する事は禁止です
サボテン工房から直接購入していないサボテンに、当ブログの情報を元に勝手に判断し、名称や品種名等を付ける行為は、絶対にしないでください。
見た目だけでは判別し辛い品種も多く、不正確な情報が拡散されているケースも確認しており、大変残念に思います。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

サボテン工房
m氏作出ステノプテラス(Hylocereus stenopterus)交配種
st1.jpg
千葉のm橋さんの所で紐サボテンでたまげるような赤い花の”商品番号 :D-008 「ステノプテラス」花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色” を見つけて、分けてくださいと連絡しました。
残念ながら在庫はありません、但し”商品番号 : D-009 「ステノプテラス交配種」花期:6~10花径:31cm花色:赤銅色”なら在庫はあります、と返事があり分けて頂きました。
stenopterusxx.jpg
こちらがステノプテラス原種(Hylocereus stenopterus)の花画像で、凄い花であることが分かります。これらと似た花ならクジャクサボテンもありますが、柱=紐サボテンに拘りますから、紐族としましたら3角柱が蒐集の限界と思っています。
stenopterus_20180529200527716.jpg
2013年7月に入手して実生棟の奥へ露地植えしました。2年ほどでのた打ち回る位大きくなり、しかし連年の放置が祟って冬季に枯れてしまいました。生き残った?根っ子と断片をsawayaへ渡し、ウチワサボテンの多忙さでその存在をすっかり忘れていました。m橋さんが亡くなられたコトで遺志を継ごうと整理してましたら、sawayaが「これあります」と差し出したのがステノプテラス交配種で、奇跡的に苗にまで生長していました。たった3cmの断片だったものがです。何とか短時間に生長させ開花まで持っていきたいと、今度は手入れを怠りません。

Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱 了
az1_201805271835120d7.jpg
Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱は同時開花が1枚のウチワに最大で8個咲きました。
az2_201805271837141d3.jpg
ウチワ3枚の同時開花の合計は24個で、ウチワサボテンを花サボテンとすればロビビア等の花サボテンより遥かに多く驚かされます。来年は新芽の年で今年ほど開花は期待できません。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の悲劇と復活
1_20180525211922a11.jpg
最近は出社が遅くなり早朝6時頃、遅刻だ~とお店に出るとなにやら異変が...道路端に置いたOpuntia robusta f.”Belen”ロブスタベレンの蕾がもぎ取られ道路に転がっていました。雌伏6年目でようやく開花を向えた貴重な蕾なのに。憤りを通り越し悲しくなり、転がって傷だらけの蕾を何と接着剤のボンドで貼り付ける奇想天外に出ました。
2_20180525212111a77.jpg
ボンドが乾いて接着が完了する前に落ちてしまうため、サボテンの長いトゲで串刺しにして仮止めします。言ってみれば卑劣なコトをやった不肖人に対する警告なのであります。
31.jpg
何日かが過ぎて異変が?蕾の花弁部分が動き始めているではありませんか!
41.jpg
更に日が過ぎて遂に開花しました!
接木ならば可能性はありでしょうが、接着はボンドの媒体で固定されているため本体と何らエネルギー交換は行われていません。元々蕾には開花するまでのエネルギーが保存されていたとしましょう。
51.jpg
キズだらけの蕾本体から正常花よりは小ぶりですが見事に花が咲き、交配までやって種を採ります。常々思いますが、サボテンの寿命を人間が勝手に決めてはいけないのです。いつ何時、どのような奇想天外が起きるか分からないのが人類を含めた生物の奇跡と思います。

Opuntia basilaris”バシラリス Wickenburg”開花!
basi_20180518222900007.jpg
はなかっぱのようにパカ~んと開き切って咲いたバシラリスは初めてで驚きました。2014年にバシラリスの種子をはじめて輸入して播種しましたが、1本も発芽しませんでした。2015年は敵討ちのように1,000個の種子(種の採取地アリゾナのウイッケンバーグ)を手配しましたら、こっちは雨後の竹の子のように発芽してエライことになりました。半数以上はカイガラムシにやられてダメになりましたが、残った実生苗はまだ小さく開花には至りません。今回開花したバシラリスは接木株で、ウチワサイズは縦長の35cmと巨大になり3年で開花しましたから、花を見るための促成栽培に接木は大いに有効です。
basi2_20180519044657315.jpg
画像のバシラリスが near Wickenburg, Arizonaの現地で撮影されていますから一番近い品種と思われます。
basi3_20180519045439007.jpg
バシラリスの自生地はカリフォルニアにユタにアリゾナにネバダ、カリフォルニアとユタ州は仕事で何度も行ってましたが、当時はバシラリスに興味がなく探索は英冠だけで今となれば残念でした。

紐サボテンmituhashiさんの遺志を継ぐ
ng.jpg
マクドナルディアエ、チバジェニー、バルバデンシスにステノプラテスなどmituhashiさんの所から紐サボテン属の多くを分けてもらい、長く伸びるからと軒先に吊るして栽培していました。所が今回の冬で一番気温が下がったときに凍傷で多くがやられてしまいました。
21531xx_2018052100184022b.jpg
一番被害の大きかったのが昨年咲いたチバジェニーで、地中に埋もれた部分以外はダメになりました。
mitu.jpg
だいぶ音沙汰が無くネットでmituhashiさんの状況を調べたら、どうやらお亡くなりになられたようでした。そこでmituhashiさんの遺志を継ごうと決めて、分けてもらった紐サボテン属の復活です。大量の実生はもうやらないので実生棟転じて紐サボテン属棟にしました。特に重要な紐サボテン属はチバジェニーとステノプラテスで、再生プログラム起動中です。

k崎さんのフェロカクタス鯱頭「k-69」の現在
kaki_20180516153230cf9.jpg
7年前の入手時データ、画像撮影とコピー文はk崎さん
扁平の美球、ライバルは原産地球!
刺幅 4mm
刺長 80~90mm
径 21cm
高さ 15cm
品種 実生正木
syachi_201805161533065b5.jpg
2018年5月、k崎さんの鯱頭「k-69」はトゲを除く径が25cmの最大級となり、今年も開花して順調に育ってサボテン工房鯱頭の親分です。トゲは若干細くなってしまいトゲ名人には適いません。

クリスタルシリーズ(ファッショナブルサボテン)の教訓
cy1.jpg
サボテンを上薬のかかった美しい鉢や分厚いセメントで出来た格好良い鉢に植え込み、光を操り美しく撮影したファッションナブルなサボテンのカタログを参考にして、クリスタルシリーズを作ってみました。
cy2.jpg
ところが美しい鉢や格好良い鉢は呼吸も出来ず水はけも悪く、何よりも鉢の温度が上がらず栽培的に見たら最悪でした。やはりサボテン工房は栽培を優先に考えるべきで、ファッショナブルサボテンは似合いませんでした。そこで反省を含めて方針変更です。栄養分の少ない土にしてあえて成長を鈍化させ、年数を掛けて盆栽風に仕立て現地株のミニチア版にする予定です。

Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”今年一番の開花!
macro_201805142155324e7.jpg
天候が寒暖を繰り返す中マクロケントラ系で今年一番の開花は、5月11日に一輪だけでしたがOpuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”でした。本日はもう10輪くらい開花して賑やかなマクロ、ヒメマクロ、アズレアなどサボテン工房の看板ウチワ達です。

Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱3
azurea_20180512205910c26.jpg
Opuntia azurea”アズレア”標本株の百花繚乱ですが、開花直線の蕾では最後のアップになります。百花繚乱の百花に対して74個の蕾です。
azurea2_20180512212156cbc.jpg
ウチワのサイズ縦横23cmの巨大なウチワ1枚に蕾が30個も付くこの姿は世界最大?と思われますが、接木にした産物と言えるでしょう。画像左の新芽株は昨年多く開花したアズレアですが今年は蕾が1個だけ、右の開花株は昨年の開花はありませんでした。どうやら表と裏がウチワサボテンにもあるようです。記録:先端ウチワ1蕾30個、先端ウチワ2蕾23個、先端ウチワ3蕾18個、中間ウチワ1蕾2個、中間ウチワ2蕾2個、合計蕾74個

カンブン幼虫渦 訂正蛾の幼虫
macro_201805101848500dd.jpg
毎年マクロケントラの新芽が何者にか食われてしまい、頭を悩ましていました。ナメクジ避けを撒いても食われるし得体が知れませんでした。
kana.jpg
そこでヨトウムシでも居るのかと掘り起こしてみると、カンブンの幼虫が居るではありませんか。これだ!これに違いないと除去して新しい土を入れてひと安心。所が敵も然る者で次の日も食われてしまい、もういけません。全部土を掘り起こしてみるともう1匹いました。結局完全に移植状態になりましたが、これでもう大丈夫。硬い部分もバリバリ食べるのはカナブンの幼虫の凄い歯なのでした。原因は某所の安い土でカナブンの卵でも居たのでしょう。
ga.jpg
5月15日訂正
それでも食われてしまうため夜中に観察しました。カナブンではなく蛾の幼虫で、丑三つ時くらいに動き始めるため発見に苦労しました。

Opuntia basilaris ”西沢バシラリス”開花!
basi1_20180508234335270.jpg
7年前に西沢さんから分けて頂きましたバシラリスの親株はダメになってしまいましたが、接木したカキコは元気に生長しています。
basi2_201805082344067e7.jpg
接木して3年目に見事に開花しました。ウチワサボテンの形態や、やたら大きくなる性質上他のサボテンに比べて好みの分かれるところですが、サボテン工房長年の研究でもある花サボテンのカテゴリーから考えると、ウチワサボテンは1大花サボテン群になると思っています。

Opuntia violacea var. macrocentra ”マクロケントラ”の茶トゲ選抜苗
macurobr.jpg
今回ご紹介するOpuntia violacea var. macrocentra ”マクロケントラ”の茶トゲ選抜苗は、1000粒以上の播種から生じました茶トゲの美品種になります。トゲは比較的短いのですがマクロケントラにしては豪刺で且つ茶色が主体で中には黒刺も混じり迫力は十分です。前回ご紹介のOpuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤芽選抜苗と同様に実生の醍醐味と言えましょう。この1本を実生のときから大事に育てやっと標本株ができました。カット苗の出荷は可能になりますが数量は限定です。
ハンドメイド専門店さわ屋
マクロケントラの茶トゲ選抜カット苗は↑こちらで今夏出荷予定です。

ロビオプシス開花!
ya0000.jpg
2011年の4月に山城さんから分けて頂いたロビオプシスのミスユニバース(山城さん交配品種)の画像で、当時のカタログから転載させていただきました。見た目には3年くらいの苗でした。
ya1.jpg
sawayaからミスユニバースの開花は未見と言われており、サボテン工房へ来て丁度7年で開花しましたから都合10年は掛かったはずです。もっと早く開花はしたのでしょうが、フェロカクタスとウチワサボテンを優先してしまい放置状態でした。それにしても見事な花で案外時間を掛けてゆっくり育てた方が良いのかも知れません。

Opuntia macrocentra var. minor ”ヒメマクロケントラ”の赤芽選抜苗
macrog.jpg
ヒメマクロケントラの新芽の色は大きく分けて3種類あります。
先ずはトゲの先端のみ薄い赤で他のトゲもウチワもほぼ黄緑色。
macrorg.jpg
続いてトゲの先端は濃い赤でウチワは黄緑色。
以上の2種類が大半の株になります。
macrorr.jpg
最後はトゲ全体が赤でウチワも赤、まるで赤鬼です。燃えるような美しい赤は新芽の時だけで、生長するとやがて青緑グレーの標準色になります。これは標本株の1本だけに現れた現象で、実生の醍醐味と言えましょう。やっとカット苗の出荷可能になりますが数量は限定です。
ハンドメイド専門店さわ屋
ヒメマクロケントの赤芽選抜カット苗は↑こちらで今夏出荷予定です。

ナメクジ駆除剤 ナメトリンキング
ナメトリンキング
何度も同じ間違いをしてしまい記録に留めておきます。過日新しく出来たホームセンターへ出かけてナメクジ駆除剤を見ていましたら、有名な大手でしかも能書きの素晴らしいナメクジ駆除剤を見つけて購入しました。早速撒いてナメクジを撃退しましょう。早朝実生棚のナメクジはこのナメクジ駆除剤の横を悠然と過ぎて行きました。しまった!ナメクジ駆除剤はナメトリンキングしか効きめが無かったのを思い出しました。
 
Opuntia azurea”アズレア”の百花繚乱2
azurea2_20180424220025c20.jpg
Opuntia azurea”アズレア”標本株の百花繚乱ですが、巨大になウチワの稜線に一列に蕾が付き素晴らしい光景です。どうやらこの系統は実生から5、6年で開花を向かえるようです。アズレアなどは花サボテンに位置づけて栽培していますが、それには有り余る資格があると思います。

大丸盆ウチワサボテン”ベレン”の蕾?
belen_20180423044336e94.jpg
ウチワサボテン ロブスタ ベレンと続き、和名は”大丸盆ウチワ”となりますが、サボテン工房ではベレンと呼ぶことにしています。正式にはOpuntia属 robusta種 変種名Belenとなります。2013年9月に清水(市)の某所で自生しているのを発見しましたが、後日チエンソーでズタズタにされて川に捨てられたため、何個か回収して植え込みました。あれから約4年半、遂に花芽らしきものがつきました。大きな節の場合5段目、要するに5年くらい経過しますと開花時期になるようです。こちらも詳報していきます。

Opuntia basilaris ”西沢バシラリス”の完全復活
basi_20180421041200bb2.jpg
親株は何本もカイガラムシにやられて枯れてしまいました。そのカキコなどを接木して3年が経ち見事に復活して花芽(赤丸印)をつけました。もう大丈夫で増殖に移ります。カイガラムシの対応を間違えて枯らしてしまいましたが、特効薬の開発が完了するまでの間はマメに掃除してカイガラムシを蔓延らせないことです。蔓延したカイガラムシを除去しても株本体の力は失せてしまい、且つ洗浄などによる除去にも限界があります。バシラリスはフェロカクタスのような用土にして日照時間も長くし水遣りも控えめにすれば順調に育ちます。

現地株を越えたOpuntia santarita ”サンタリタ”の鬼トゲ
wsanta.jpg
こちらはOpuntia santarita ”サンタリタ”現地株の画像で、トゲは大したことはありません。
santa_20180415155306fbd.jpg
こちらは道路際の一番日照時間の長い鬼棟においたOpuntia santarita ”サンタリタ”の鬼トゲです。マクロケントラも打ち負かすほど強烈なトゲです。ここから見えてくることは、k崎さんの鬼トゲフェロカクタスも日照時間の長さが成せる技と理解します。

k崎さんの竜女冠は今年も元気
kp.jpg
k崎さんの遺作をネットなどで見かけますが、名札が画像のようにt字型で且つ独特の字体にk-xxxとあるモノがk崎さんの直筆です。この名札も大切に扱いましょう。
ryu.jpg
難物とされている大竜冠も画像の竜女冠もサボテン工房では難物ではありません。毎年元気に新トゲを噴出しています。思うに高い位置の温室は乾燥高温で現地に近くこれが功を奏していると思っています。土も散々研究しましたが温室を含めた環境が一番重要なのだと最近は思っています。